ムヒタリアン、今冬の移籍を振り返る「ベストなタイミングだった」

拡大画像を見る

 アーセナルのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、今冬の移籍を振り返った。13日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 1月の移籍市場でチリ代表FWアレクシス・サンチェスとのトレードによりマンチェスター・Uからアーセナルへ移籍したムヒタリアン。同選手は、自身のキャリアにとっていいタイミングでの移籍となったと考えているようだ。

「時にはリフレッシュすることは必要だ。そしてこのタイミングは僕にとってベストだったと思う。なぜなら、マンチェスター・Uではうまくいかなかったことがいくつかあったからね」

「そして、僕は29歳だ。もっとプレーしたかった。自分のキャリアが終わりに近づいていることは理解している。自分の名前を広く知ってもらうためにもとても大事な時なんだ。だから移籍して正解だったと思う。新しいクラブで、新しいチャレンジをする。全てがゼロからのスタートなのはいいことだと思う」

関連リンク

  • 2/14 18:44
  • サッカーキング

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます