玉城ティナ、セクシーなミニスカサンタ姿で悩殺

拡大画像を見る

モデルで女優の玉城ティナが、17日に配信されるインターネットテレビ局・AbemaTVのオリジナル連続ドラマ第2弾『やれたかも委員会』(毎週土曜23:00~23:30)の「サンタ編」の出演し、セクシーなサンタ姿を披露する。

原作は吉田貴司氏の同名漫画。「あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……」という男性の甘く切ない"やれたかも"というエピソードを、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が演じる主人公・能島明らによる組織「やれたかも委員会」が、"やれた"のかどうか判定していく。

17日の「サンタ編」には、電機メーカー勤務の27歳・大沢拓海役として俳優の渡辺佑太朗、大沢の後輩・高梨リコ役として玉城が出演する。

大沢(渡辺)の会社に新しく入ってきた後輩社員の高梨(玉城)。誰もが振り返る美貌の高梨に大沢も心を奪われる。高梨の趣味や嗜好を念入りにリサーチし、ついに2人きりでのクリスマスデートにこぎつけることに成功。当日、高梨が大好きなカラオケに向かう。

カラオケでは、トイレに立った高梨がミニスカートのサンタ姿に変身。狭いカラオケの個室に2人きり、自分のためだけにセクシーなサンタコスチュームに着替えてくれた高梨に、大沢は“やれる”との勝算を見出し、緊張のあまり暴走してしまう!? その行動に高梨はどう答えるのか。そして、そのエピソードを聞いた「やれたかも委員会」の判定は?

(C)AbemaTV

関連リンク

  • 2/14 17:20
  • マイナビニュース

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます