本田圭佑はなぜアフリカに進出したのか? チャリティを「支援」だけで終わらせない壮大な夢

拡大画像を見る

本田圭佑がアフリカでクラブ運営およびチャリティを開始している。チャリティは単発ではなく最低でも2年は行う予定だというが、単純な支援が目的ではない。そこに込められた思いとは何か。(取材・文:植田路生)

アフリカを訪問した本田。6ヶ月後にはチャリティを開始

 本田圭佑がアフリカでクラブ運営およびチャリティを開始している。チャリティは単発ではなく最低でも2年は行う予定だというが、単純な支援が目的ではない。そこに込められた思いとは何か。(取材・文:植田路生)

——————————

「あれ、アジア人がいるぞ」。ジンバブエ国内を移動する機上で、澤木俊は坂本周造を発見して声をかけた。現在、株式会社じげんに所属する澤木は前職時代、アフリカでの自動車販売ビジネスを手がけていた。アフリカ、しかも財政破綻したジンバブエにいる日本人は極めて珍しい。「何をしているんだろう?」、単純な興味本位で声をかけた。

 坂本はサッカーコーチ。後にサッカースクール「SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL(以下、ソルティーロ)」のコーチとなる坂本はその時、青年海外協力隊(JICA)の一員としてジンバブエに来ていた。澤木との出会いはまったくの偶然。この奇跡的な出会いがなければ、壮大なプロジェクトは始動しなかったかもしれない。

 2017年6月、本田圭佑はウガンダを訪問していた。難民向けのサッカークリニックを開催するためだ。同国には約100万人の難民がおり、孤児など恵まれない家庭の子どもも多い。数年前からアフリカでのプロジェクトを温めていた本田は、同地でサッカークラブやスクールの運営を構想していた。ウガンダ訪問からわずか3ヶ月後に現地クラブの運営を発表すると、さらにその3ヶ月後には新たなプロジェクトも始まった。

 本田がプロデュースするサッカースクール「ソルティーロ」は2017年12月にアフリカでチャリティープロジェクト「AFRICA DREAM SOCCER TOUR supported by Car-Tana.com」を開始。本田の思いを受け継いだコーチたちがルワンダ、ケニア、ウガンダの難民や恵まれない家庭の子どもたち向けに無料でサッカースクールを行う。週2回の頻度で最低でも2年間は継続。約2000人に指導する予定だという。

 支援企業も見つかった。前述した「じげん」もその1つ。だが、利益を上げることが目的ではない。一方で、単なる「支援」でもない。無料でサッカーを教えるが、恵まれない子ども相手とはいえ用具をタダで提供したり、金銭を渡したりすることはない。その根底にある思いとは何か。

単なるサッカー指導だけでない長期的な目的

 現在、このアフリカでのプロジェクトを統括する二村元基は「採算は…度外視ですけどね(笑)」と語る。時に片道30時間以上もの長時間フライトでアフリカへ渡り、現地での折衝も一手に引き受ける。入社1日目で現職に任命され、目の回るような忙しさの中、プロジェクトを見事にスタートさせた。

 日本とは経済規模の異なるアフリカ、しかもその中でも恵まれない子どもたちが相手となると、一般的なサッカー指導は通用しない。シューズもなく、サンダルや裸足でプレーする子どもも多い。加えて、「教えられる」ということに慣れていない。その日を生きていくのに必死な子どもにとって、コーチが来ても「どうしたらいいかわからない」のだ。

 そうした状況もあり、頭からいわゆるトレーニングを開始したりはせず、時には鬼ごっこなど「遊び」を取り入れた。最初は戸惑いを見せていた子どもたちも誰かがやれば、それを真似するようになっていくという。

 ここにこのプロジェクトの肝がある。サッカー指導だが、サッカーの上達だけが目的ではない。「人をどう育てるか」と二村は語る。本田も「将来的にはウガンダのみならず、アフリカ、そして世界中の子ども達に夢をもつきっかけを与えたい」と語るように、なかなか未来を見ることが難しかった子どものためのキャリア支援が目的だ。

 もちろん、サッカー的な軸もある。才能の発掘だ。かねてより本田はアフリカ系選手のポテンシャルの高さを実際に対戦する中で感じていた。「子どもたちがいつか海外でプレーしたり、ウガンダの選手がJリーグでプレーしたりすることができたら面白い」とも語っている。

 二村によれば海外クラブからのアプローチもあるという。「キャリア支援」と「才能の発掘」、この二軸でプロジェクトは動いていくが、ビジネス面での旨味を見出すのは簡単ではない。スポンサー企業はこのプロジェクトのどこに魅力を感じたのか。

支援企業が魅力を感じた理由

 現在いくつかある支援企業の中で真っ先に手をあげたのがじげんだ。同社は「アルバイトEX」「賃貸スモッカ」などの求人や住宅情報サイトなどを運営するIT企業。「Car-Tana」という海外の顧客向けに中古車を販売するサイトも運営しており、このアフリカ・プロジェクトの冠に「Car-Tana」の名をつけた。

 同社での担当は前述の澤木と小澤直樹だ。2人ともアフリカでのビジネスの経験があり、現在はじげんで自動車販売サイトの運営に携わっている。プレゼンを受けるとすぐに動き出した。

 アフリカというキーワード、また本田圭佑という存在もフックになった。本田の遠慮ない発言や挑戦する姿勢には2人とも共感している。加えて、澤木と坂本コーチとの電撃的な出会いも大きな要因となった。坂本のアフリカの子どもたちへの純粋な気持ちを知っている澤木は「なんとか協力したい」と熱っぽくなった。

 ただ、すぐにゴーサインが出たわけではない。同社はコスト管理に厳しく、「Car-Tana」スタート時もより費用対効果を求められた。「ビジネスとして未知数のアフリカでスポンサーになって何が得られるのか」と上司からは合理性を求められた。当然だが、熱量だけで押し切れるわけではない。

 澤木と小澤は統括の二村とともに必死でプランを練り上げた。同社にとってのメリット、認知上昇の予測などを綿密に立て、広告を打つことで得られる効果をデータで可視化することで上司も納得をし、OKが出た。定期的に効果が出ているのか厳しい目で見られてはいるが、ひとまずスタートできた。

 ソルティーロとの契約は2年を予定している。同社にとっては「Car-Tana」の認知が広まることが1つのポイントになる。「このプロジェクトが成功して、同時に我々のビジネスも成功して、2年後にさらに長期的なスポンサー契約を締結し、スクールからプロサッカー選手を排出させたい」と2人は声を揃える。

 既に現地の主要メディアは、同プロジェクトを取材。TVや新聞、WEBなどで紹介しているという。認知度アップという点では一定の成果をあげていると言えるだろう。

本田が語る壮大な夢

 勢い良くスタートしたアフリカでのプロジェクトだが、当然苦労も多い。提携するアカデミー探しも一筋縄ではいかず、現地有力者から金銭を要求されることも少なくない。「チャリティ」という概念をなかなか理解してもらえない。それでも、現地で奮闘する二村からは弱音は出てこない。

「大変ですけど、それはわかっていたことですからね。それよりも、子どもたちがどんどん上達していく姿や、シューズもないのに楽しそうにボールを追いかけているのを見ると、疲れなんて吹っ飛ぶんですよ」

 真っ黒に日焼けした肌から白い歯がこぼれる。今後2年間はこのプロジェクトに身を埋める。

 本田は「世界中の子どもたちに夢を持つきっかけを与えたい。夢を持つと人は強く大きくなれる。それが世界を変えるきっかけになると思う」とも語っている。二村らはその願いを受け止め、アフリカでまい進する。壮大なプロジェクトは、まだ小さな一歩を踏み出したばかりだ。

(取材・文:植田路生)

関連リンク

  • 2/9 7:20
  • フットボールチャンネル

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます