“俳優転身”宣言の花田優一に問われる「靴職人としての品格」

拡大画像を見る

 靴職人としての“品格”はあったのだろうか。

 2月6日発売の「女性自身」は大相撲・貴乃花親方の長男で靴職人のタレント・花田優一の驚くべき転身を報道。その「品格のなさ」に早くも非難が集中している。記事は貴乃花親方一家の近況をレポートしているもので、私立高校2年生の貴乃花親方の長女は、1年間の海外留学へ。貴乃花部屋の女将でもある花田景子夫人は長女の海外留学の準備に追われていたという。ところが一方、目を疑ったのが優一の動向だ。記事によると、昨年12月22日、歌手の山川豊と女優の夏樹陽子がディナーショーを開催し、景子夫人が司会を担当。サプライズとして、山川への花束贈呈に優一が登場したというのだ。そしてさらなるサプライズを呼んだのが、山川のこのひと言。「優一くんは、俳優にはならないの?」。山川のリップサービスに思えたが、優一は「はい! 今後はぜひやらせていただきたいです!」と、まさかの“俳優転身”宣言をしたというのだ。この転身宣言にエンタメ誌記者が首をひねってこう語る。

「確かに昨年、優一は芸能事務所とマネジメント契約をしています。ただ、タレント活動を広げるためではなく、あくまでも靴職人が軸になるとのことでした。しかし昨年10月からラジオのレギュラー番組を持ち、著書も2冊出版しています。ラジオ、執筆活動に加え、今度は俳優ですか。優一が作る靴は完全オーダーメイドで、予約は1年待ちともいわれています。俳優に挑戦する時間があれば、待っているお客のために靴を少しでも早く作ろうという気持ちにはならないのでしょうか」

 現役時代は、ひたすら相撲道を追求して横綱として品格を築いた、父・貴乃花親方。息子・優一は靴職人としての品格を備えていると言えるのだろうか。

(石田英明)

関連リンク

  • 2/8 9:59
  • アサ芸プラス

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

4
  • ホントに1年待ちなら、お客様の為靴作ってれば良いじゃん、意味分かんない(^-^; ママならキャンセルするわ(笑)

  • クログマ

    2/10 1:20

    この記事書いた人、何か色々な話をゴッチャにしてないかい。下らない皮肉書く前に、もっと状況を勉強した方が良い。例えば、靴職人が芸能界の仕事したら品格に傷が付くとか誰が言う?

  • dream

    2/8 21:13

    何を期待してるの?

記事の無断転載を禁じます