2月7日は北方領土の日「約10万人の市民を殺害したソ連の戦争犯罪」

拡大画像を見る

【江崎道朗のネットブリーフィング 第30回】

トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う!

◆日本降伏後、千島・南樺太を攻撃したソ連

 2月7日は、北方領土の日だ。

 北方領土とは、日本の北東端に位置する北海道の、歯舞群島(はぼまいぐんとう)、色丹島(しこたんとう)、国後島(くなしりとう)、択捉島(えとろふとう)のことだ。

 この北方領土は日本固有の領土なのだが、いまから73年前の第二次世界大戦末期に、ソ連(現在はロシア)が一方的に占拠してしまったのだ。その不法占拠は、ソ連が崩壊してロシアとなった後も続いている。

 北方領土の総面積は5003平方キロメートルで、千葉県や福岡県とほぼ同じ広さだ。しかもこの周辺海域は、カニなどが採れる豊かな漁場で、その経済的損失だけでもはかり知れない。

 わが国は、ソ連による不法占拠に抗議し、北方領土返還運動を繰り広げてきた。毎年2月7日には、総理大臣出席のもと北方領土返還要求全国大会を開催している。だが、世の中の関心は必ずしも高くない。

 なにしろ歴史教科書でも、ソ連による日本「侵略」とその後の北方領土、千島列島、南樺太に対する不法占拠という歴史的事実はろくに教えられていないからだ。

 そもそも、どうやってソ連は北方領土を不法占拠したのか。

 ソ連は1945年(昭和20年)8月9日、お互いに戦争を仕掛けないことを約束した日ソ中立条約を一方的に破棄し、日本領であった南樺太に対して攻撃を開始した。ソ連軍による攻撃は、日本政府が「ポツダム宣言」受諾を公表した8月15日以降も続いた。

 一般市民をも対象にした無差別攻撃を繰り返すソ連軍に対して日本軍も果敢に応戦し、8月22日にようやくソ連との間で停戦協定が結ばれた。だが、その後もソ連軍は侵攻を続け、8月25日までにソ連軍によって南樺太全土が占領された。

 その間に約10万人の一般市民がソ連軍の無差別攻撃の犠牲になったと言われている。なかでも南樺太・真岡市で9人の電話交換手が南樺太在住の邦人避難のため通信業務に従事し、最終的に自決した事件は、村山三男監督の映画『樺太 1945年 夏 氷雪の門』でも取り上げられたことから、よく知られるようになった。

 ソ連軍の暴虐ぶりについては、南樺太の豊原市にいた当時小学校五年生の小林恒夫さんもこう証言している。

《8月22日午後3時頃、白と赤の旗が掲げられている豊原市に敵機が3機襲来、駅前で帰還を待つ大勢の人々の中に爆弾を投下し、更に機銃掃射を加え数百人の死傷者が出た。この瞬間と現場を私も目撃していたがまさに地獄の有様だった。終戦日から1週間が経ち、しかもソ連との終戦調印(8月22日正午)も終わってから、こんなことは許せない。これが第二次大戦最後の空襲であろう。この他にも島内四か所で停戦交渉の軍使が全員射殺されるなど信じられないソ連共産主義の非道ぶりを象徴する事件が起きている。》(『国家なくして平和なし―「樺太」「満洲」故郷はるか』明成社)

 こうしたソ連の非道によって殺された方々を悼んで建てられたのが、稚内市の稚内公園に建つ「氷雪の門」だ。

 一方、ソ連軍が千島列島の占守島に攻撃を開始したのは、日本が降伏を宣言した3日後の8月18日であった。占守島でも日本軍は果敢に抵抗し、一時はソ連軍を撃退したが、改めて戦闘停止命令を受け、結果的に千島列島、そして北方領土も占領されてしまった。

 しかも南樺太、千島列島にいた日本軍将兵たちはその後、中国大陸にいた日本軍将兵とともに厳寒のシベリアなどへ強制的に連行され、苦役を強いられた。シベリアなどに強制連行された日本軍将兵の総数は諸説あるが、厚生労働省によれば約57万5千人で、そのうち約5万5千人が死亡したと言われている。

 

◆ソ連の戦争犯罪を宣伝する戦略的外交を

 こうしたソ連時代の「戦争犯罪」は、戦後72年が経った今も解決していない。

 国際法上、こうした問題を解決するためには平和条約を締結する必要があるのだが、ロシアが北方領土の返還を拒んでいるため、ロシアと日本との間ではいまだに平和条約が結ばれていないのだ。

 日本政府としては、対ロ交渉を有利に運ぶためにも、「ソ連・ロシアによる北方領土の不法占拠は許されない」「降伏後に日本の民間人を殺害し、その財産を奪った責任は追及されるべきだ」と国際社会に対して宣伝すべきなのだが、残念ながら日本側の動きは鈍い。

 いまやわが国では、ソ連の不法行為で殺された日本人の存在はすっかり忘れ去られてしまっているかのようだ。

 実は忘れ去られてしまっているのではなく、忘れるよう工作をされてきたというべきかも知れない。

 何しろロシアはソ連時代から日本に対する情報工作を進めてきた。ロシアに都合の良い情報を相手国の学者やマスコミを使って意図的に流布させることは「アクティブ・メジャーズ(積極工作)」と呼ばれ、ロシア政府部内にはそうした対外情報工作を担当する専門部局が設置されている。

 この対日宣伝工作のうち、北方領土の返還を日本側に諦めさせるための宣伝工作活動が存在する。「コリャーク作戦」と呼ばれるこの作戦の存在を暴露したのは、ソ連・KGB諜報員スタニスラフ・レフチェンコだ。

 彼は1975年から1979年まで東京のKGB駐在部に勤務して対日工作にあたり、その後、アメリカに亡命した。そして1982年7月14日、アメリカ連邦議会下院情報特別委員会聴聞会において、対日工作の目的の一つが北方領土問題であるとして次のように証言している。

《コリャーク作戦をおこなうためのきわめて高度な活動を維持する。この作戦は、千島列島に軍を派遣したり、北方領土に新たな集合住宅を建設するなどによって、ソ連の意図に対する日本の認識に影響を及ぼし、この領土におけるソ連の支配に対して異議を唱えることが無駄なことだと日本政府に示す。》(佐々木太郎『革命のインテリジェンス』勁草書房)

 その活動は今なお継続中と見るべきだ。

 なにしろ平成27年、安倍政権のもとで終戦70年にあたって歴史認識を検討した21世紀懇「報告書」や「安倍談話」では、北方領土の不法占拠を含むソ連による戦争犯罪について全く触れていないのだ。

 これは日本のマスコミも同様だ。マスコミの大半が北方領土問題についてあまり報じようとしないのは、ロシアの工作に何らかの影響を受けているからだろう。インテリジェンスの観点からすれば、ロシアの対日工作に日本は引っかかっていると言わざるを得ない。

 安倍政権の地球儀外交に対する評価は高いが、日ロ交渉に関して言えば、果たしてソ連の戦争犯罪について沈黙するような歴史認識で大丈夫なのか。

 ロシアとの交渉を有利に運ぶためにも、歴史認識を活用した戦略的外交を推進すべきだろう。幸いなことに、ロシアの軍事的脅威に警戒心を持つ国は、東欧や中欧アジアなどに数多く存在する。特にバルト3国やポーランド、トルコなどはロシアに対する警戒心が強い国として有名だ。

 日本がソ連時代の戦争犯罪とロシアによる不法占拠を追及する国際広報を繰り広げていけば、ロシアの軍事的脅威に警戒心を抱くヨーロッパや中央アジア諸国を中心に国際社会を味方にすることができるはずだ。北方領土問題も地球儀を俯瞰した戦略が求められている。

【江崎道朗】

1962年、東京都生まれ。評論家。九州大学文学部哲学科を卒業後、月刊誌編集長、団体職員、国会議員政策スタッフを務め、外交・安全保障の政策提案に取り組む。著書に『コミンテルンの謀略と日本の敗戦』(PHP新書)、『アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄』(祥伝社)、『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(青林堂)など

関連リンク

  • 2/7 8:33
  • 日刊SPA!

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

44
  • 別天津神

    2/15 18:05

    言い負かす?そんなつもりは毛頭ないってwお前はそんな玉じゃないだろう?過去のお前はあれだけ大騒ぎしたんだ、そんな簡単に変わる訳ないし。勝ち負けに拘ってんのはお前だろうが。後、お前の脳内変換を押し付けんなよ。だから気持ち悪がられるんだよwww

  • 至極簡単なことだが、なぜできないのだ? 君の脳内妄想でしかないのだが、君にとってはそれが現実の私なのだろう? そんな奴、怖れることなどないはずじゃないか?? 逃げ回る必要などない。既に一度私を言い負かすためにドヤ顔で放ったことだ…何度でも言い放って(君の脳内の)私をボロクソにすればいい。できるはずだろう? それとも、実は根拠も自信もないのか??(←まぁそれは当然なのだがw)

  • 妄想とか邪推とか言うなら、君の↓↓のコメントのことだよ。こちらは君が実際に書いたことを問題にしているだけだ。他者の権威に頼ったり、妄想の私に勝つなどの現実逃避はするな。もう一度ハッキリ、「シャフェーは『この尊い犠牲を否定する事は、バックミラーばかり見ているようなものです』と言いました。これは当時を生きて、体験してきたシャフェーの言葉なのです。」と明言すればいい。根拠も自信もあるのだろう?君には??

記事の無断転載を禁じます