木梨憲武が、水谷豊ルートで『相棒』にコネ出演を画策!?「もう友達に寄生するしかない……」

拡大画像を見る

 芸能界で生き残れるか、今年は正念場となりそうだ。

 長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月末で打ち切りとなったとんねるずが、苦境に立たされている。

「とんねるずは所属事務所の社長を石橋貴明が、副社長を木梨憲武が務めていますが、『みなおか』終了で、それぞれ年間4億円の収入が消える公算です。高額なギャラがネックで、新番組の企画会議で2人を起用しようという局もなく、石橋自らが、事務所の所属タレントで妻の、鈴木保奈美の売り込みをしている状況です」(業界関係者)

 スポーツ特番で存在感を見せる石橋はまだしも、深刻なのが木梨の立ち位置だ。テレビ関係者が言う。

「内輪ネタや的外れなコメントで、視聴者から『つまらない』『冷めた』という声が上がるほど、トークの切れ味がなくなっているのは明白。バラエティでは正直使いづらい。本人もそんな状況を自覚しているのか、4月公開の映画『いぬやしき』で16年ぶりの主演を務めるのを機に、俳優業に活路を見いだそうとしています。さらに、プライベートで親交の深い水谷豊を通じて、『相棒』(テレビ朝日系)にねじ込んでもらえるよう嘆願しているのだとか。水谷は人がいいので、頼まれたら断れない。なんとか便宜を図ろうとスタッフと掛け合い、『科捜研』や『交通鑑識』の役での調整が行われていると聞きます。今秋に始まる新シリーズ1回目のスペシャル、もしくは映画版で出演する可能性はありそうです」

 そして、木梨のもうひとつの財産が、競馬界のスーパースター・武豊との関係だ。2人は親友といえるほど仲が良いとされ、木梨は旅番組の企画で武宅を訪問したこともある。

「武は木梨とのつながりから、『食わず嫌い王決定戦』『男気じゃんけん』をはじめ、たびたび『みなおか』にも出演してきた。ジョッキーとしてではない、武の素顔を引き出せる存在として木梨は貴重です。これまで水谷との旅番組が3回放送されて好評を博していますが、武との番組が作れるのなら、木梨を厚遇するテレビ局はあるかもしれませんね」(同)

 芸能界で生き残るには、もう“W豊”に寄生するしかない?

  • 1/17 12:00
  • サイゾー

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます