矢吹健太朗氏、アニメ『ダリフラ』のコミカライズを「少年ジャンプ+」で連載開始

拡大画像を見る

 漫画『To LOVEる-とらぶる-』シリーズの漫画家・矢吹健太朗氏が、TOKYO MXなどで放送しているアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』のコミカライズを、漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」で14日連載を開始した。

 同作は人類が荒廃した大地に移動要塞都市「プランテーション」を建設し、そこで暮らすコドモたちが「フランクス」と呼ばれるロボットで、謎に包まれた巨大生命体「叫竜」と戦う物語。

 初回は第1話、第2話合わせた120ページを超えるボリュームになっており、コミックス第1巻を2月2日に発売する。

 また、mato氏によるスピンオフ4コマ漫画『だーりん・いん・さ・ふらんきす!』も同時に同アプリで連載。そのほか、アニメ公式ツイッターで掲載している。 (写真=矢吹健太朗氏、アニメ『ダリフラ』のコミカライズを『少年ジャンプ+』で連載開始 (C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会 (C)矢吹健太朗/集英社 )

関連リンク

  • 1/14 0:00
  • オリコン

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます