店内空っぽ、ハイパーインフレのベネズエラで深刻化する物不足

拡大画像を見る

【1月13日 AFP】ハイパーインフレに陥った南米ベネズエラの政府は、200以上のスーパーなどで品物の値段を引き下げる価格統制を行った。これを受けて棚が空っぽ状態になる店が相次いだ。映像は首都カラカスのスーパー。11日撮影。(c)AFP/AFPBB News
  • 1/13 15:44
  • AFPBB News

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます