ピケ 仲間のバルサ存続を願う

『Daily Mirror』といった英国メディアが、ユムティティへのユナイテッドへの移籍疑惑に関するジェラール・ピケの発言を取り上げている。

「クラブがすること、しないことについて僕は心配していない。ユムティティは素晴らしい選手で、ずっと長くバルサに残ってくれることを期待する。このクラブで彼のサッカーを存分にして欲しい。」

ユムティティの契約違約金は現在6,000万ユーロ(約80億5,000万円)であるが、ピケは次のように語っている。
「違約金は高くはないかもしれないが、ユムティティが移籍したいという気になる必要がある。僕たちはユムティティに満足しており、ずっと長くバルサに残ってくれることを期待している。」

画像をもっと見る

関連リンク

  • 1/13 11:28
  • SPORT.es

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます