うるおいを保つにはどうすれば…?乾燥肌のボディソープの選び方

乾燥肌さんが体を洗う際、気をつけたいのが肌の保湿成分を落とし過ぎないこと。そのためには、乾燥肌に適したボディソープを選ぶ必要があります。ボディソープを選ぶ基準と、使い方をご紹介します。

乾燥肌の人がボディソープを選ぶなら

乾燥肌の人の皮膚は、保湿成分が不足して肌のバリア機能が低下しています。そのような状態で汚れを落とす力が強いボディソープを使うと、さらに乾燥が進んでしまうことに。肌ダメージを避けるためにも、どのようなボディソープを選べばよいのかを知っておきましょう。

・肌にやさしい洗浄力のものを選ぶ

洗浄力が強いアルカリ性のボディソープは避けるようにしましょう。アミノ酸系やグルコシド系など、弱酸性で肌にやさしい洗浄成分のものを選ぶのがおすすめです。

引用:スキンケア大学

・うるおい成分が配合されたものを選ぶ

最近は、植物性セラミドなどを配合した「乾燥肌向け」のボディソープも多くみられます。このような保湿効果のあるタイプのボディソープもおすすめです。

引用:スキンケア大学

・泡ででてくるタイプを選ぶ

肌にダメージを与えず洗浄するためには、ボディソープを十分泡立てて、やさしく洗うのがベストです。最初から泡で出てくるタイプなら、泡立てる手間も省けます。

引用:スキンケア大学

肌にやさしい入浴のポイント

ボディソープの質以外に気をつけたいのが、保湿成分が流出しやすい熱い湯に長時間浸からないこと。湯温は39℃前後にし、20分以内がおすすめです。あとは湯に浸かる前に体を洗い、角質層が傷まないよう強くこすらず、泡をたっぷり立ててやさしく洗いましょう。

どんなにやさしく洗ったとしても、角質層の保湿成分はある程度、流出してしまいます。お湯に浸かって角質層がふやけた状態で体を洗うと、保湿成分がさらに失われてしまう可能性が。そのため、湯船に浸かる前に体を洗うのがおすすめです。さらに、先に髪を洗ってから体を洗うようにすると、シャンプーなどが背中に残ってしまうことも避けられます。

引用:スキンケア大学

お風呂上がりの保湿ケアも忘れずに

入浴後は肌のバリア機能が落ちているため、すぐに保湿ケアを行うことが大切です。水気をそっと拭き取ったあとは、ボディオイルや保湿クリームなどを塗ることで、カサつきや水分の蒸発を防げます。

入浴後は保湿成分によるバリア機能が弱くなるため、肌は刺激を受けやすく、皮膚の内部の水分が蒸発しやすい状態になっています。そのため、湯上りにはやわらかな肌触りのタオルでやさしく水気を拭き取り、なるべく早くボディローションなどで保湿をし、敏感になっている肌を守ってあげることが大切です。

引用:スキンケア大学

ボディソープを毎日使わないという選択も

ボディソープの質にこだわっても、保湿成分が失われるのを100%防ぐことはできません。そこで汚れが少なく乾燥が気になる部分は毎日ボディソープを使わないという選択肢もありです。ボディソープの使用を2〜3日に1度にし、乾燥を防ぐとよいでしょう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 1/13 8:10
  • スキンケア大学

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます