冬はアイススケートにチャレンジ!気軽にスケートが楽しめるスポット3選

拡大画像を見る

冬のスポーツと言えばスキーやスノボが一般的。しかし、スキー場に出かける時間なんてない!という人も多いはず。それなら手軽に楽しめる「アイススケート」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。都会の真ん中でも楽しめるスポットが盛りだくさん!関東の厳選スケートスポットをご紹介致しましょう。

1.本格的アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク」

「Sea Side アイススケートリンク」は、「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」が開催するアイススケートリンクです。

昨年度より広さが1.2倍アップし、約360㎡のアイスリンク・海の見える絶景の中でスケートを存分に楽しむことができます。

夜はイルミネーションも点灯中!

デートスポットにも最適です♡

 

「Sea Side アイススケートリンク」の開催期間は2月12日まで!

営業時間は、土日祝日11:00~20:00/平日14:00~19:00で、料金は大人1,000円(税込)です。

本物の氷が使用された本格的なスケートリンクで冬の思い出を作ってみてくださいね♪

 

2.冬の定番リンク!「二子玉川ライズ スケートガーデン 2017‐LEXUS SPINDLE RINK」

zsv3207/stock.adobe.com

※画像はイメージ

 

「二子玉川ライズの中央広場にあるスケートリンクは、冬の定番となったお馴染みアイスリンク!

390㎡のリンクでアイススケートを楽しめるのはもちろん、夜は幻想的なイルミネーションの世界を堪能することもできますよ♪

「光と氷」が創るロマンチックなひと時を「二子玉川ライズ スケートガーデン 2017」で過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

開催期間は3月4日まで!

土日祝日11:00~20:00/平日13:00~20:00で、大人料金1,500円です。

ショッピングやランチ・ディナーの後に楽しむのもおすすめです♪

 

3.都内最大級!「三井不動産アイスリンク for Tokyo 2020」

petunyia/stock.adobe.com

※画像はイメージ

 

東京ミッドタウンの芝生広場にオープンしたスケートリンクは、なんと840㎡!

収容人数200名の都内最大級のスケートリンクです。

 

東京2020公認プログラムとして開催されており、押しソリの貸し出しや500円のワンコインで受けることのできる「スケートレッスン」も魅力です。

開催期間は1月5日~3月4日。

営業時間は11:00~22:00までです。

夜遅くまで営業しているので、仕事帰りに立ち寄るのも良いかもしれませんね♪

 

17時から22時まではイルミネーションも点灯します。

デートにもぴったりのスポットですね♪

料金は大人1,500円(税込)!

巨大なリンクで思いっきりアイススケートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

関東には他にもたくさんのアイススケートリンクが点在しています。

この冬しか楽しむことのできない期間限定リンクもいっぱいです!

スケートレッスンが開催されているスポットもたくさんありますので、初めての方でも安心です。

あなたも2018年最初の冬の思い出をアイススケートで作ってみてはいかがでしょうか♪

関連リンク

  • 1/12 8:00
  • myreco

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます