三浦知良が横浜FCと契約更新! プロ生活33年目に突入「どんな時もサッカーに全力」

拡大画像を見る

 横浜FCは11日、FW三浦知良と来季の契約を更新したことを発表した。これにより、三浦はサントス時代から数えてプロ生活33年目のシーズンに突入することになる。

 2005年から横浜FCでプレーする三浦にとって、同クラブで13年目を迎えることになった。2月26日で51歳となる三浦は今季の明治安田生命J2リーグ12試合に出場1ゴールをマーク。2017年3月12日のザスパクサツ群馬戦でJリーグ最年長得点記録を50歳14日に塗り替えると、イングランドのレジェンドであるFWスタンリー・マシューズ氏の記録を更新し、世界最年長ゴールとしてメディアに報じられた。



 契約更新に際して、三浦はクラブの公式ホームページで以下のようにコメントした。

「今シーズンも無事に契約を更新することができました。どんな時もサッカーに全力で向き合い成長出来たらと思います」

関連リンク

  • 1/11 11:12
  • サッカーキング

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

6
  • 知ったか野郎が、表現変えたぞ。次は、何をほざくのかねぇ😁

  • 紅茶飴

    1/13 10:52

    実質50過ぎの人はこちらにはいないので、よろしく。ソースの型のことで騒いでいるんだろうけど、型などどうでもよろしい。

  • 宣伝効果をお爺ちゃんに委ねるしかないところが横浜の残念なところ。2部リーグがこのレベルだから世界に通用するサッカーなど出来るわけない。

記事の無断転載を禁じます