昨季25得点の“元絶対的エース”が最下位ケルンの現状を喚く「僕がいなくなったから…」

拡大画像を見る

 昨年7月に中国1部の天津権健に移籍したケルンの元エースFWアントニー・モデストが、最下位に沈む古巣の現状を嘆いた。10日にドイツ紙『エクスプレス』が報じている。

 2016/2017シーズンはケルンでリーグ戦34試合に出場し25得点を記録したモデスト。チームの順位を押し上げて5位入りを果たし、25年ぶりのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献していた。チームの“絶対的エース”に君臨していたが、移籍金3570万ユーロ(約46億2000万円)で天津権健に移籍している。

 点取り屋を失ったケルンは今季、ブンデスリーガ第17節が終了した時点でリーグ最下位の10得点。深刻な得点力不足に陥っている。モデストはケルンについて「もちろん、僕はまだケルンの情報を追っている。リーグ前半戦の結果はとても残念だ。多くの不運もあったね。残念ながら、僕がいなくなったことでゴールを奪えなくなった。それがチームが低迷している理由の一つだろう。しかし、間違いなく今冬から巻き返すはずさ」と語っている。

関連リンク

  • 1/11 8:40
  • フットボールチャンネル

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます