【検証】ユニクロの『超極暖ヒートテック』は真冬のバイク通勤に耐えられるのか試してみた結果

拡大画像を見る

真冬のバイクは寒さとの戦いであるが、私の記憶が正しければ、今から約20年ほど前、突如として『サーマル』なるアイテムがオシャレ系バイカー界に登場した。要は「オシャレな股引(ももひき)」なのだが、いわゆる “ラクダ色の股引” を敬遠していた若者バイカーたちは、こぞって股引文化を採り入れた……と思われる。

そしていつしか、ユニクロから「ヒートテック」のタイツが発売され、冬のバイクに革命が。ほどなくして1.5倍暖かい「極暖ヒートテック」が誕生したが、ふと気づけば、さらに1.5倍暖かい「超極暖ヒートテック」まで登場していた。はたしてその実力とは!? 股引をはき続けて20年以上の筆者が、真冬のバイク通勤で試してみたぞ!

・超極暖以外は例年通りのバイク通勤スタイルで

まずは今回の趣旨から説明したい。筆者は真冬のバイク通勤をする際、ほぼ100%の確率で「ヒートテック」もしくは「極暖」のタイツをズボンの下に着用している。今回は、そのタイツなどを「超極暖」にしたら……の検証である。

コーディネートは、「超極暖」の上下と、ヒートテックくつした。あとは、防寒でも防風でも何でもない、普通のユニクロのジーンズ&タートルネック。最後に、お気に入りのジャケットをあわせて、「例年通りのバイク通勤スタイル」で行ってみた。

・往路(昼)

まずは昼。気温は9度もあるので全然余裕……と思いきや、予想外のピンチに襲われた。駐車場に行くまでの徒歩……どころか、超極暖を着て部屋で撮影している時点から “暖かすぎる” のだ。超絶ポカポカ、まさしく汗ダラダラなので、すぐさま暖房を切ったくらい。“極暖よりも1.5倍は暖かい” は本当なのだな……と素直に思った。

もちろんバイク通勤も余裕のよっちゃん。しかしながら、超絶ポカポカとまではいかなかなった。やはりバイクは「風」を切って走るので、防風でもない超極暖は冷風直撃、下半身は「極暖+ブロックテックチノ」と変わりないな……というレベルだ。

・復路(夜)

勝負は夜。そもそも防風ではないので、バイクに適していないことは百も承知。ただ、いつも使っている「ヒートテック」や「極暖」よりも暖かければ、それでいい。そんな淡い期待を込めながら、気温約4度の夜道をバイクで爆走してみたところ……

結論としては……

そんなに「極暖」と変わらない……のであった……_| ̄|○

バイクに乗っている以外のシーンは、圧倒的に「超極暖」のほうが暖かい。それはもう圧倒的に。しかし、冷たい風を体全体で受けまくるバイク走行時の場合は、インナーが極暖でも超極暖でも、さほど暖かさは変わらないのかな……というのが筆者の結論だ。

・ユニクロ防寒あったかランキング

ちなみに、これまで数回にわたって “ユニクロ防寒着で真冬のバイク通勤検証” をしてきたが、筆者なりの「あったかランキング」を付けるとしたら以下の通りになる。

圧倒的1位:シームレスダウン
同率1位:ブロックテックフリースの上下(特に下は圧倒的
3位:超極暖ヒートテック
失格:ブロックテックスリムフィットチノ

シームレスダウンは、本当に “圧倒的” すぎるほどに圧倒的。無敵だ。また、2位のブロックテックフリースの下(パンツ)も、ビックリするくらいに圧倒的。まるで魔法。

そしてこの最強セットに「超極暖」を組み合わせたら究極……となるわけだが、もしもこの中から1つだけ選んで超極寒のシベリアでバイク通勤するとしたら、筆者だったら「ブロックテックフリースの下(パンツ)」をチョイスすることだろう。そのくらいオススメ。バイク乗りには、ぜひとも一度は体験してもらいたい。感動する。絶対に。

参考リンク:ユニクロ『ヒートテックウルトラウォームタイツ(超極暖)』
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 1/10 21:04
  • ロケットニュース24

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3
  • トリトン

    1/14 23:58

    あきひろくんは京都だよな名古屋と変わらないと思うが自分も原付だけどそんな経験無かったけどな高速は走れないけどね。

  • あきひろ

    1/14 23:41

    真冬のバイクはマジで足が寒さで硬直する。非常駐車帯で屈伸運動しなければマジで足が寒さで壊死するかと思えるレベル。

  • トリトン

    1/14 23:31

    北海道みたいにクソ寒くなければ上半身ダウンのジヤンバーで充分だと思うけどな背中にカイロして。最近は革ジャン見かけないから革ジャンは着ないけど原付に革ジャンは恥ずかしいかもね。

記事の無断転載を禁じます