秋元康がファンのひと言に論破される 「だから999枚も残ってしまった」

拡大画像を見る

2017年12月13日に放送されたラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)で、AKB48などのプロデューサー秋元康さんが、ファンのひと言に論破されてしまったエピソードを明かしました。

それはおかしい!

ゲストとして番組に出演し、アイドルやAKB48などについて語った秋元さん。ファンの大切さについても言及していました。

劇場で見ていた時に、ファンが「この間のしゃべりちょっとテンポ悪かったね」とか、「髪はもうちょっと切ったほうがいい、外ハネはうるさく見えるね」ということを、一人ひとりにちゃんといってたんですよ。

それは「なるほどな」と。

みんなファンは、やっぱり自分が育ててあげたいって思いがあって、その時間はすごく大事だと思ったんですよ。

伊集院光とらじおと ーより引用

初期のころはメンバーの数より、客のほうが少なく、盛り上がりにも欠けていたのだとか。

そんな中で、ファンの力の大切さを感じた秋元さんは、大声で応援して盛り上げてくれるファンに注目。盛大な応援をしてくれるファンの中から『MVP』を選ぶことを思いついたそうです。

そして、『MVP Tシャツ』を1000枚作ったところ…なんと大ブーイングが起こり、ファンからはこんなことをいわれたのだそうです。

「ファンというのは大声を出したり、アクションで応援するだけが応援じゃないんだ。心の中でそっと応援しているのも(応援だ)。それをあんなパフォーマンスだけで、MVPっておかしいじゃないか」といわれて、翌日からそれをなくしたんです。

だから999枚残っているんです…MVP Tシャツ。

伊集院光とらじおと ーより引用

ファンの指摘に、ネット上では賛否両論のコメントが投稿されていました。

・お金を出している人だけがファンじゃない。子どもから老人までファンがいると思ってほしい。

・自分もプロレスを観に行った時は、黙って観てる派なので、この人の気持ちが分かります。

・相手に何らかの形で届かなければ、応援とはいえないと思う。

また、「ファンからのひと言で、自分の考えを撤回できる秋元さんがすごい」といったコメントもありました。

大赤字になったとしても、ファンの率直な意見に耳を傾け、MVP Tシャツを廃止した秋元さん。こうした柔軟さが、国民的アイドルを誕生させる秘訣なのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 12/17 17:23
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

31

記事の無断転載を禁じます