SKE須田亜香里、無理やりキスされた恐怖体験を初告白「今でも涙が…」

拡大画像を見る

アイドルグループ・SKE48の須田亜香里が10日、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00~11:22)に生出演。高校時代に知らない男性に無理やりキスされた恐怖体験を初告白した。

須田亜香里

番組では、岩手県岩泉町の伊達勝身町長が、女性記者にわいせつ行為をした疑惑について取り上げ、出演者がトーク。女性記者が現在ショックで休職しているということに、須田は「休職しても無理ないなと私は思う」と理解を示した。

そして、「初めて言うんですけど、高校生の頃におじさんに道案内を頼まれて、最後に『ありがとう』って握手を求められて握手をしたら、そのまま手を引き寄せられて無理やりキスをされたことがあって。口にです」と知らない男性からわいせつ行為を受けた過去を告白。共演者から驚きの声が上がった。

須田は「怖くて本当に硬直して動けなくて、今になっても腕を強く引っ張られるとたまに涙が出ちゃう時もあるくらい本当に怖い」とトラウマになっていることを打ち明け、女性記者について「ノックの音を聞くだけで絶対怖いと思う」と心配した。

関連リンク

  • 12/10 14:10
  • マイナビニュース

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます