米のエルサレム首都認定、パレスチナ各地でデモ 散発的衝突も

拡大画像を見る

【12月8日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、パレスチナ自治区各地で7日、抗議デモが行われ、イスラエル当局との衝突が散発的に発生した。

 イスラエル軍はトランプ氏の発表による情勢不安を受け、数百人規模の兵士をパレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)に派遣。各地でパレスチナ人とイスラエル治安当局の衝突が発生し、現地の赤新月社(Red Crescent)や当局によると、ヨルダン川西岸で22人、ガザ地区(Gaza Strip)で5人が負傷した。

 ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)の最高指導者イスマイル・ハニヤ(Ismail Haniya)氏は7日の演説で新たな「インティファーダ(反イスラエル闘争)」を呼び掛けたが、今のところ騒乱は限定的となっている。映像は、ヨルダン川西岸のラマラ(Ramallah)北方で行われたデモ。(c)AFP/AFPBB News
  • 12/8 9:24
  • AFPBB News

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • ヤネヤ

    12/8 12:33

    ガザ地区がローマのバチカンみたいにならないのかな?トランプも他人のケンカに口を出さなきゃいいのに…

記事の無断転載を禁じます