コウチーニョ 将来は不透明か

リバプールで衝撃的なパフォーマンスを見せたフェリペ・コウチーニョが自身の将来について語っている。なお、コウチーニョはチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節スパルタ・モスクワ戦でハットトリックの活躍を見せ、リバプールの勝利に貢献している。

リバプールがCL決勝ラウンドに勝ち進んだことで、もし、コウチーニョがCLでプレーしたいのであれば、リバプールでしかプレーできず、バルサではプレーできない。しかし、コウチーニョは全ての可能性を否定せず、「自分の気持ちはプレーすることであり、自分がどこにいようと関係ない」と『Esporte Interativo』のインタビューで語っている。

また、コウチーニョは、「自分が興味を持ったか持たなかったかに関係なく、この夏にオファーを受けたのは事実である。しかし、それは過ぎ去ったことである」とも述べている。全てが、開始まであと1ヵ月を切った冬の移籍マーケットにおけるバルサのコウチーニョ獲得が難しいことを示唆している。なお、来夏のバルサの補強候補としてはアトレティコ・マドリーのアントワーヌ・グリーズマンも浮上している。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 12/7 21:30
  • SPORT.es

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます