デンベレ順調 合同練習に参加

FCバルセロナのシウターエスポルティーバ練習場で6日(水)に実施されたトレーニングで、最も注目を集めた選手はウスマン・デンベレだった。この日デンベレは負傷以来はじめて仲間の選手たちとロンド(パス回し)を行った。

FCバルセロナが公開した情報によれば、ウスマン・デンベレは対スポルティング戦の翌日の練習に参加し、合同練習に加わった。
ロンドをこなした後、デンベレは個別でリハビリメニューをこなした。

ハビエル・マスチェラーノとラフィーニャも同様にリハビリメニューを実施している。
この日の練習は前日の対スポルティング戦から体を整える目的もあり、スポルティング戦に出場したほぼすべての選手たちが参加していた。また、トップチームの選手に混じって、下部組織バルサBのパレンシア、アレニャ、ダヴィド・コスタス、ホセ・アルナイス、オリオル・ブスケツや、フベニルA所属のイニャキ・ペニャの姿もあった。

回復に向けた新たなステージを迎えたウスマン・デンベレだが、エルネスト・バルベルデ監督はデンベレのクラシコ戦での起用に関しては、「少し早すぎる」とコメントしている。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 12/7 21:02
  • SPORT.es

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます