「美少女・巨乳・色白」の三拍子! HKT48・田中美久、人生初の水着グラビアに大反響

拡大画像を見る

 HKT48の「みくりん」こと田中美久(16)が、発売中の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の表紙&巻頭グラビアに登場。待望の水着グラビア解禁に「想像以上のカラダ」などとファンが沸き返り、大きな反響が巻き起こっている。

 同誌では「博多の最強天使」などと紹介され、初々しい人生初の水着グラビアを披露。チェック柄のビキニや鮮やかな黄色の水着などをまとい、驚くほど豊満なバストを大胆に露出している。身長150センチと小柄ながらボディは「ヤンジャン表紙」にふさわしいド迫力となっており、美少女、巨乳、色白の三拍子がそろった新たなグラビアスターの誕生を目の当たりにした気持ちにさせられる。

 これにネット上の男性たちから「いつの間にこんな巨乳に...!」「写真集とか出たら絶対に買う」「想像以上のカラダだった」「可愛いうえにスタイル抜群とか反則」「新たな歴史が始まる...!」などと興奮混じりの絶賛コメントが殺到。以前からファンの間で「巨乳説」がささやかれていたが、初の水着グラビアは想像を超える衝撃となったようだ。

 田中は2013年に小学6年生でHKT48入りし、3rdシングル「桜、みんなで食べた」で初の選抜入り。人気の指標となる「AKB48選抜総選挙」では、昨年の45位から今年は28位に順位を上げており、人気急上昇中のメンバーとして期待されている。また、女子中高生向けファッション誌「LOVE berry(ラブベリー)」(徳間書店)の専属モデルを務めるなど、HKTきっての美少女としてビジュアルの評価も高い。

「デビュー当初はグループの末っ子キャラというイメージだったのですが、ここ最近はぐんぐんと大人っぽくボディが成長。そのプロポーションの進化にファンは以前から注目し、水着グラビア解禁を熱望する声が多かった。それだけに今回の初水着は期待度が高かったのですが、想像を上回るほどの極上ボディだったためにファンに衝撃が走っているようです。HKTファンはもちろんのこと、ロリ巨乳好きのグラビアファンにとっても今後が大いに期待できる超逸材といえそうです」(アイドルライター)

 田中は元AKB48の大島優子(29)のようになりたいとグループ入りした経緯があり、過激な写真集や雑誌グラビアでファンを沸かせた大島のような脱ぎっぷりの良さが期待できそうな気配。近いうちに他誌で水着グラビア第二弾があるとの情報も駆け巡っており、今後も「博多の最強天使」から目が離せなさそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

  • 12/7 18:00
  • メンズサイゾー

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます