親友になった、22歳男性と81歳のおばあちゃん その経緯に心温まる!

拡大画像を見る

アメリカのニューヨークに住んでいるスペンサー(@Filth800)さんには、『ちょっと変わった親友』がいます。

スペンサーさんは22歳の男性。一方、『親友』は81歳のおばあちゃんなのです!

彼らの間には、もちろん血のつながりはありませんし、もともと顔見知りだったわけではありません。出会いのキッカケは、『ゲーム』でした。

22歳と81歳の『ゲーム仲間』が現実で再会!

アメリカのウェブマガジン『THE ROOT』によると、出会いの経緯は以下の通り。

およそ1年半前、スペンサーさんはクロスワードパズルを用いた対戦アプリゲーム『Words with Friends』をインストールしました。

このゲームはランダムで世界中のプレイヤーと対戦することができるため、スペンサーさんもいろいろな人とゲームで対戦していました。

そしてある日、フロリダ州に住む81歳のロザリンドさんとマッチングしたのです。

※写真はイメージ

ゲームにはチャット機能もついているため、スペンサーさんとロザリンドさんは文字で何度もコミュニケーションをとりました。

それから5か月もの間、2人は毎日対戦をするようになったのです。

気付けば、2人の対戦回数は300回以上に!この画面を見るに、214回勝っているスペンサーさんのほうが強いようです。

しかし、ある日を境にスペンサーさんは多忙になってしまいます。そのため、スペンサーさんはアプリをアンインストールしてしまいました。

現実で2人が『再会』!

スペンサーさんがゲームをやらなくなって、数か月後のこと。

ロザリンドさんのエピソードを知人の牧師に話したスペンサーさんは、「2人の話を、ぜひ説教にしたい!」といわれました。

彼女に連絡を取るため、スペンサーさんはアプリを再インストール。すると、ロザリンドさんはまだゲームを続けていたのです。

「よかったら、会いませんか?」

事情を話し、ロザインドさんとフロリダ州で会う約束をしたスペンサーさん。

飛行機に乗ってフロリダ州に向かうと、2人は初めて現実で顔を合わせることができました。

出典:@Filth800

出典:@Filth800

出典:@Filth800

毎日ゲームで対戦していた相手と顔を合わせ、喜びの抱擁(ほうよう)を交わした2人。

お互いの顔を見ることができなくとも、2人は『親友』になることができたということが分かりますね。

出典:@Filth800

ネットで知り合った人に出会うというのは、もちろん危険もあります。

しかし、正しい使いかたをすれば、こういった心温まる出来事が起こるきっかけにもなります。こんな『ネット上の出会い』なら大歓迎ですね!

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 12/5 13:06
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

4

記事の無断転載を禁じます