遠野なぎこの私生活に、小山慶一郎らドン引き「闇を感じる」

拡大画像を見る

 11月17日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、女優の遠野なぎこ(38)が出演。自宅でのプライベート生活を明かし、NEWSの小山慶一郎(33)らにドン引きされていた。

 今回の放送は、“男子が行きたくなる部屋グランプリ”と題して、女性芸能人5名の自宅をランクづけするというもの。3人目に登場した遠野は、バラエティ番組でも異彩を放つアラフォー女優だが、私生活でも二度のスピード離婚など話題に事欠かないと紹介された。

 遠野が住むのは築11年の1LDKで、いたる所にポスターや小物など猫グッズだらけ。リビングには物が少なく、テーブルとソファ、テレビ、キャットタワーだけ。遠野は「イヤなんです、家にモノを置くのが」と物が少ない理由を語り、“酒を飲んで捨てる”を繰り返していたら、どんどんモノがなくなってしまったと明かすと、MCの有吉弘行(43)が「異常な断捨離」とつぶやいていた。

 また、昼間からカーテンが閉められている理由を問われた遠野は「私、1ミリでも開いてるのがイヤで、日々、閉めっぱなしで生活してるんですよ」「外の世界とか外の人間と、関わるのがイヤになってきたんですよね、どんどん」と告白。スタジオでVTRを見ていた小山は思わず「怖い怖い」とつぶやいていた。

 さらに部屋チェックでテレビ台の引き出しを開けると、自分が出演したバラエティ番組を録画した大量のDVDが。遠野は「勉強だと思って」と、必ず1番組につき30回以上見て、自分のトークへの周りの反応をチェックしているのだという。そして、周囲の反応が悪いと「そこで激しく落ち込んだりして、どんどん酒が濃くなっていく」「悪夢ばっかり見る」と明かし、スタジオの笑いを誘っていた。

 部屋はスッキリ整頓され、料理や食器にこだわる女子力の高さを見せた遠野だったが、小山は「VTRを見るのがツラくなってきた」「なんか、闇を感じるというか」とコメント。また、同じく審査員を務めるおぎやはぎの矢作兼(46)は、「俺、風水とかまったく知らないんですけど、あそこには悪い気が流れている」と推測した。結果、審査員たちがつけた順位は最下位の5位で、納得がいかない遠野は「私は好きで住んでる。何かいけませんか?」と、キレながら抗議していた。

「遠野は11月6日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)でも、VTRで自身をイジるような悪意のある編集がされていたと、すごい形相でブチ切れていました。最近、キレキャラの印象が強くなってきていますが、ちょっと不安定な感じで心配ですね」(芸能関係者)――いろいろ大変なんです。

関連リンク

  • 11/24 9:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

5
  • L子

    11/26 14:12

    本人が好きでそうしてるんだから自由だし勝手。でも確かに闇は感じる(笑)

  • ミサト

    11/25 0:57

    先日の記事でもわかる通り、心と脳のバランスが悪いんだから仕方ないよ。それを面白おかしく使ってんだからさ〜本人いつもキレぎみだけど承知の上で仕事とってきて出演してんだから…けどかわいそうだからなんとかしてやってほしいよ

  • この人毎日最低でもウォッカ一本は開けると言ってたけどホンマに結構ヤバイと思うわ! 精神も肉体もボロボロやと思う!

記事の無断転載を禁じます