鈴木保奈美、夫・石橋貴明との生活を告白 「彼の作るハンバーグやカレーが好き」

拡大画像を見る

 女優・鈴木保奈美が、24日放送の『あさイチ』(NHK総合/毎週月曜~金曜8時15分)プレミアムトークにゲスト出演し、これまであまり明かしてこなかった、夫のとんねるず・石橋貴明との生活を語る一幕があった。
 現在放送中の朝ドラ『わろてんか』に出演している鈴木。私生活では3児の母親でもある彼女だが、大阪での撮影が中心になることから泊まることも多いと語り、そんなときは「自分のことだけやればいいんだ」と解放されるという。「主婦の方、家族のいる方、皆さんそうだと思うんですけど、今日は何時にどこに行って、こっちが何時でという部分をシャットアウトできる」と、気分を変えられると話した。

 トークでは、雑誌「婦人公論」に最近寄稿したエッセイを朗読する場面も。「料理好きな夫が突然ハヤシライスを作りたくなったらしく、『マッシュルームを買って来てほしい』と言われた。ウエーイ! それじゃあ、私はサラダだけ作ればいいのね。らくちーん」という一節を紹介し、石橋の料理上手な一面などをうかがわせた。ちなみに石橋の作るメニューで好きなのは「ハンバーグやカレー」だという。

 『わろてんか』では、ヒロイン・藤岡てん(葵わかな)の母親で、明るく上品な“しず”を演じているが、共通しているところはあるかと聞かれると「あんな優しい、良い人じゃないですよ」と否定。さらに出演が決まったとき、友達や周囲のスタッフに役柄を伝えたところ、「保奈美ちゃんとは真逆」と言われたそう。“鈴木対決”と話題になった、てんの姑・啄子を演じる鈴木京香については「天然で、すごく天使みたいな人」と語り、自分の性格は反対に「邪悪な人」「邪悪なこと考えてるな~」と評した。

関連リンク

  • 11/24 12:11
  • クランクイン!

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます