有村架純と熱愛キスにもかかわらず…Hey! Say! JUMPが「紅白」初出場の裏に謎の条件

拡大画像を見る

 今年も大晦日に行われる紅白歌合戦の出場歌手が発表された。白組には竹原ピストル、三浦大知、WANIMA、エレファントカシマシ、ソロとしてトータス松本など初出場の歌手が多く出場することになった。さらに、ジャニーズからもHey! Say! JUMPが初登場する。

「散々言われていますが、目玉不在の紅白です。NHKは安室奈美恵と桑田佳祐に引き続きオファーを続けると宣言していますが、望みはうすい。『最低視聴率になってしまうかもしれない』と戦々恐々でしょう」(スポーツ新聞記者談)

 長らく続いている番組だからこそ、出場者で見るか見ないかが決定してしまう紅白。安室奈美恵に関してはサプライズ出場の可能性もあるというが、桑田佳祐が出場したところで、果たして視聴者は見ようという気持ちになるのか?

「NHKは、矢沢永吉や長渕剛、中島みゆきなど紅白に出たことがない、長らく出ていなかった大物を出場させることに異常なほどの執念を燃やすんです。ただ、それが視聴率につながるかと言えば難しいところ。ブッキングを担当するプロデューサーも頭を悩ませている部分です」(スポーツ新聞記者談)

 NHKとしても看板番組である紅白には最も力を入れ人員をかけているのだが、飽きられているのが現状となってしまっている。更に、ここ数年は演歌・大御所歌手の引退なども相次ぎ、急な若返りでメインターゲットの老人たちにも見放されている。

「特に白組には演歌の枠がほとんどなくなりました。逆に五木ひろしが浮いてしまっているような状態です。若返りはもちろん必要なのですが、急ぎすぎた結果、大御所演歌歌手から反発を受けてしまい今回のような結果になってしまっているんです」(スポーツ新聞記者談)

 そこで頼らざるをえないのが、幅広く人気の高いジャニーズのタレントたちだ。

 今回もジャニーズから5組が出場し、司会も嵐の二宮和也が引き受ける。それぞれのグループでメンバーも多いので、まさにジャニーズだらけの印象になりそうだ。

「V6が出場をしないのですが、実は井ノ原快彦が『あさイチ』関連でコーナー出場をする。まさに、ジャニーズに頼りきりな印象です。制作陣からも疑問の声は上がっているようですが、どうやってもジャニーズからの脱却はできなそうです」(民放関係者談)

 そんなジャニーズとべったりの紅白では、ブッキングに関しても疑問の声が上がっている。

「実績が乏しいSexy Zoneが出場しているのも謎ですが、Hey! Say! JUMPが2017年にグループとしてそこまで活躍をしていないのに出場するのもよくわからない。しかも、今回はHey! Say! JUMP岡本圭人と司会で出場する有村架純のキス写真が流出し、岡本が謹慎をしたことがあっただけに、Hey! Say! JUMPファンの複雑な心境がSNSに多く書き込まれている現状です」(週刊誌記者談)

 しかし、この謎のブッキングもNHKとして受けるしかないのが現状なのだ。

「嵐の出場という確約を取るために、必ず一組はジャニーズの意向に沿ったグループを入れ込まなければいけない。しかも、今回はHey! Say! JUMPが10周年ということで二宮和也の司会とセットで押し込まれた。もはや、受信料を払っている国民のための選出ではなく、紅白歌合戦を成立させるためのブッキングになってしまっているのが現状です」(週刊誌記者談)

 いっその事、ジャニーズのタレント総出演で紅白を一度作ってみたらどうだろうか?

  • 11/24 8:00
  • TOCANA

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

24
  • 11/28 8:45

    ジャニーズなんて誰も見たくない。芸能界が持ち上げて勝手に価値を釣り上げているだけ。

  • KDS

    11/27 20:40

    ジャニーズ、ジャニーズって、うるさい! AKBグループだけでもうんざりなのに、何故こうも偏るんだ? 司会までジャニーズ混じりだし、ごり押しもいいとこ。

  • L子

    11/27 12:00

    新聞で出場歌手リストを見たけど、全くこれは、とそそられる人いなかった。NHKにはお気の毒としか言い様ないけど、今年もガキ使で。

記事の無断転載を禁じます