日馬富士、年内に引退へ 貴ノ岩も引退濃厚…貴乃花親方に理事引責辞任の要求高まる

拡大画像を見る

 暴行事件を受け、大相撲の横綱・日馬富士が年内にも書類送検されると21日、報じられた。

「日本相撲協会は年内にも日馬富士の引退を発表する。また、被害者である貴ノ岩も力士を廃業するしかないとみられている」(相撲界関係者)

 日馬富士に暴行され、「階段から落ちた」と貴乃花親方に噓をついていた貴ノ岩の体調が、九州場所前に急変した謎を解くカギは、休場発表後に提出された診断書にある。「診断書に書かれている傷は、日馬富士に暴行された際のものなのか」(ある親方)という声も聞こえる。

 貴ノ岩側が相撲協会と鳥取県警に提出した2つの診断書の内容が異なることが明らかとなり、さらに疑問が深まっている。「貴ノ岩が記者会見に出てきて、すべてを喋しゃべれば、数々の疑問は氷解するが、育ての親でもある貴乃花親方はそれを許さないだろう」(同)。夕刊紙に『貴ノ岩監禁』などという見出しが躍っている。貴乃花親方は「弟子が暴行されたのは自分が暴行されたと同じだ」と周囲に語っている。

 事件翌日の10月26日に日馬富士は貴ノ岩とお互いに謝ったことで、すべて終わったと思っていた節がある。相撲協会も、貴ノ岩が福岡県田川市の二場公人市長を貴乃花親方と一緒に表敬訪問し、「2桁(勝利)目指してがんばります」と語っていたことから、よもや休場するとは思っていなかった。ましてや、あのような診断書が出てきて、相撲協会の八角信芳理事長とその周辺は貴乃花親方への不信感を強めている。

 巡業中のスキャンダルである。巡業部長である貴乃花親方は、事実を知った段階で相撲協会に報告しなければならないのに、報告していない。しかも、10月29日に貴乃花親方自身が貴ノ岩ともども鳥取県警に赴き、被害届を出している。

 一方、日馬富士の暴行の事実を把握していなかった伊勢ケ浜親方は、来年1月の相撲協会理事選挙に出られないだろう、と指摘されている。貴乃花も理事だが、来年1月にグループ内からもう1人理事候補を擁立するといわれている。

「来年の理事長選は八角理事長vs.貴乃花理事の対決になると予想されているが、貴乃花理事も無傷ではすまないかもしれない。たとえ立候補できても、貴乃花理事に勝ち目はないということで衆目一致している」(相撲界関係者)

 貴乃花親方が評論家として契約している「スポーツニッポン」が14日に事件をスクープしたが、貴乃花親方は相撲協会に事実をきちんと報告せずに、協会のヒアリングに対し曖昧に答えていた。しかもその間に被害届を出していた。多くの親方衆は「順番が逆」と怒っており、貴乃花親方は孤立を深めている。

 相撲協会は2014年に公益財団法人になっているため、曖昧な決着は許されない。「後手後手に回っている相撲協会の八角理事長、不可解な行動を続ける貴乃花親方は、ともに理事を引責辞任するのが筋ではないのか」(相撲界関係者)といった過激な意見もあるが、少数意見だ。伊勢ケ浜親方は理事を返上すべきだろうとの筋論もある。その上で、新体制で日本相撲協会は出直せ、をいう主張だ。

●錯綜する証言

 日馬富士が暴行に至る経緯が少しずつわかってきた。鳥取市内の高級ラウンジで横綱・白鵬に生活態度を注意されている最中に、貴ノ岩のスマートフォンが鳴ったために操作しようとし、それに日馬富士が激昂し殴ったというのである。

 関係者の証言が錯綜しており、ビール瓶で殴ったという話もある。同席者によると、貴ノ岩は左前頭部から流血。裂傷だというから、ビール瓶以外の酒瓶で殴打されたのではないのかとの疑問も浮上している。

 相撲協会は鶴竜、照ノ富士の休場力士の事情を聴取することを先行させ、九州場所終了後、白鵬や日本人力士で同席していた十両の石浦からも聴取する予定だ。

 モンゴルの一部メディアは「日本で日馬富士に対する批判が強いのは、大相撲を席捲するモンゴル勢への日本人のやっかみがある」との見方を示しているが、たとえ貴ノ岩の行動に非があったとしても、裂傷を負わせるような暴行をした日馬富士が、再び相撲ファンから受け入れられるのか。

 相撲協会は「年内に決着」をつけないと、相撲人気が再び下火になりかねない。相撲協会の危機管理能力が厳しく問われている。
(文=編集部)

  • 11/22 23:28
  • Business Journal

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

25
  • そしてニュースキャスターも誰一人、協会側の人間のコメンテーターに事件が起こっているのに捜査機関に最初に報告したのが、そんなに悪い事なのか問い詰めない。談合社会。

  • 被害者の心を蔑ろにする処置を繰り返して協会は変わってないとアピールされてるんですね(笑)成功ですよ。

  • 手を挙げたらスポーツ選手はクビ。ボクシングだってプロレスだって。なのに殴られた方に悪いイメージがつくような連日のニュース。そういう体質に疑問を持ってるから理事会の質問を拒否して捜査を機関に任せるのが、そんなに分からない行動なのか。白鵬がヤラカシテも穏便に~みたいな雰囲気。結局、暴力してもルール破っても協会に気に入られてれば許される(笑)暴力より協会の存在価値の方が大事なんて協会に意味があるのか

記事の無断転載を禁じます