うつ病を克服した男性が撮った『あるベンチの写真』 世界中の人に希望を与える

拡大画像を見る

WHO(世界保健機関)によると、世界中に、3億人を上回る数の患者がいるといわれている『うつ病』。

「意欲の低下」や「気分が落ち込む」などの症状に苦しむ患者は、日本にも数多くいます。

うつ病を克服した男性からの『メッセージ』

イギリスの作家であるクレイグ・ストーンさんは、2009年ごろ、うつ病を患っていました。

それから8年が経ち、うつ病を克服したクレイグさんは、当時見ていた光景を再び目にする機会があり、あることを感じたのだそう。

クレイグさんは、自身のTwitterにその光景を投稿し、次のような思いを述べました。

このベンチを見てください。

私は8年前、このベンチに座りながら「橋から身を投げてしまおうか」と考えていました。

今日、私はここで、息子の写真を撮りました。

明日は今日と同じで、変わらないかもしれません。

けれど、いつかは明るい未来がやってくる可能性もあるでしょう。

それはあなたに、想像以上の輝きをもたらすはずです。

どうか負けないで。愛してくれる人たちは、いつかあなたのそばにやってくるから。

@craigstone_ ーより引用(和訳)

自身の体験を元に、同じ病気で苦しむ世界中の人たちへ向けた、応援の言葉たち。

クレイグさんの投稿を見た人たちからは、感謝のコメントが相次ぎました。

・勇気ある投稿をありがとう。

・いま、とてもつらい状況だったけれど、あなたの言葉で希望がわいた。

・うつ病は本当に苦しいもの。諦めず、頑張って克服したいと思った。

病気の時は、なかなか前向きになれず「ずっと自分はこのままかもしれない」と、ネガティブな気持ちになってしまいがち。

経験者だからこそ語れる力強いメッセージは、世界中のうつ病に苦しむ人々に、希望を与えたことでしょう。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 11/21 16:44
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

4
  • そんなもんですかね~(T-T)

  • 鬱病という名前にしたことで疾患者と勘違いした輩が増えた単なる気の迷い。頑張れも言えない気の病でしたってけ?「負けないで」はOKなんだと思っても何を言っても落ち込まれては面倒臭い病といえる。

  • 鬱病って、病気なんだよな………落ち込むことはよくあるけれど、その深い深海の底に独り佇む状態が続くのが鬱病なのかな?だとしたらとても苦しいな

記事の無断転載を禁じます