盲導犬を連れた視覚障がいの男性、車内通路に座らされ激怒「何のための優先席か」(英)

拡大画像を見る

英リバプールに在住のロジャー・デブマンさん(56歳)は、姉の誕生日を祝うため妻のデボラさんと一緒にリバプールからピーターバラへ向かう途中、不快極まりない思いをした。ヨークで英鉄道会社「ヴァージン・トレインズ」に乗り換えてピーターバラまでの2時間半、ロジャーさんは通路に盲導犬と座り続けるしかなかったのだ。

「2回の心臓発作と脳卒中を起こし、心臓にペースメーカーを入れている」というロジャーさんは、視覚障がい者でどこへ行くにも盲導犬“ネビン”を伴うことが欠かせない。車内では盲導犬が横たわれるスペースのある優先席を確保する必要があり、この日の旅のために事前に座席予約を試みたようだ。

ところがサイトでは優先席のリクエストができず、ロジャーさんは座席の予約をしないまま旅を強いられることになってしまった。当日、車内に乗り込んだロジャーさんとデボラさんは車掌に事情を説明したものの、「満席だからそこに座って」と車掌は通路を指さしたという。

ロイヤル・リバプール大学病院で看護師をし、夫のケアをしているデボラさんは「車掌は私のために座席を得ようとしてくれたのですが、私は彼の世話をしているので夫を置いて自分だけ座りに行くことなどできるはずもないでしょう」と話す。

優先席は健常者らが占領し、誰一人としてロジャーさんのために席を譲る人はいなかった。ロジャーさんとデボラさんは、帰りには別の鉄道会社「ロンドン・ミッドランド」を利用したが、そこでも健常者らが優先席に座っており、ロジャーさんは普通の座席に座ったものの、ネビンのためのスペースはなく座席間の通路に座らせる羽目になったという。

「仕方なくネビンを通路に座らせたのですが、当然他の乗客の行き来の邪魔になります。乗客らはうんざりした目つきで見たり、舌打ちしながら犬をまたいでいました。障がいを抱える人が乗り込んで来たら、優先席を譲るのが筋ってものでしょう。私は席が必要な人には譲るように言われて育って来ました。ですが最近は、ほんの少しの人が席を譲ってくれるだけです。今回も私に席を譲ってくれた人はおらず、他の乗客らは私を無視していました。いったいなんのための優先席なのでしょう。」

怒りを露わにそう語るロジャーさんは、今回の件をFacebookに投稿し「これが、あのリチャード・ブランソン氏が所有する電車ですよ。車掌は優先席を空けさせるようにするべきではなかったのでしょうか。この状況が間違っていると思う方は、是非投稿をシェアしてください。そうすればブランソン氏の目に留まるかも知れません」と綴った。

後日、ヴァージン・トレインズはロジャーさんに謝罪した。しかし「事前に優先席の予約ができなかった」と主張するロジャーさんに対し、ヴァージン・トレインズ側はこのように話している。

「事前に座席を予約して頂くことをお勧めします。もし座席予約をしていなくても、盲導犬を伴った乗客には優先席を利用して頂くことが可能であり、我々スタッフは座席を確保することにベストを尽くします。毎年、何千人という障がい者の方々に当鉄道を利用して頂いていますが、旅のケアを提供するアシスタントプログラム『Journey Care』を利用された乗客のうちの94%は、サービスに満足して頂いているようです。しかしながら今回の件は深く考慮すべきことであり、ロジャーさんにご連絡頂ければ調査することが可能です。」

また、ロンドン・ミッドランドのスポークスマンも「もしロジャーさんに、当社の無料アシスタントサービスを予約して頂いていたならば、スタッフは彼と盲導犬をケアするサービスを提供できていたはず」と述べている。

このニュースを知った人からは「なんでこんなに冷たい人が多いの。健常者の乗客が彼に優先席を譲るのは当然でしょう」「これはリチャード・ブロンソンよりも車掌が悪い」「マナーのかけらもなく他人をリスペクトできない人が増えていることに失望する」「盲導犬を連れていて明らかに障がい者だとわかってても無視する人がいることが信じられない」「悲しい世の中になったもんだ」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2017年11月18日付「‘Sit there’: Partially-sighted man ‘forced to spend train journey on floor after passengers take disabled seats’」(Image: Deadline News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

関連リンク

  • 11/20 21:30
  • Techinsight japan

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

222
  • いちすけ

    11/30 8:34

    優先座席の対象となる人が居て、「ゆずっもらえませんか」と言われたにも関わらず譲らないとか、困り果てて床に座らざるを得なかったのに舌打ちとか…目に余る内容過ぎて本当にこんな事があったのか?と疑いたくなる内容…( ̄▽ ̄;)

  • Libra.Astraia

    11/24 21:33

    杖をついている方に座席を譲らないのは「人間のクズ」と言って構わないと思います。当然、私は譲りますよ。

  • アキさんのような方が前に立たれたら素直か席を譲ってあげます!皆さんもそうしましょう!

記事の無断転載を禁じます