90年代パンクブームはなぜ起きたのか? 奇跡の一大ムーブメントを追う

拡大画像を見る

 知らない人はまったく知らない話だろう。彼らはほとんどテレビやラジオに出なかったし、巨大ホールでのライブはあえて避けていた。しかし、それでも日本中の若者たちが熱狂し、全国のCDショップではインディーズコーナーの作品が貪るように漁られていた。いつしかライブハウスに集う若者たちが“キッズ”と呼ばれ始めた時代。大きなうねりは’90年代末に入ると数万人の勢いとなり、「AIR JAM」というフェスを生み出すまでになる。それは控えめに言っても、時代が生み出した奇跡だった。

◆多彩なバンドが続々登場。ファッションを巻き込みライブハウスが最先端に

 同時期に人気になった「裏原」のストリート・ブランドも同じことで、派手な宣伝や全国流通をしないことであえて希少価値を高めていく。すべては、’91年に終わったバンドブームが反面教師。テレビに出て一瞬で火がつきすぐに忘れ去られる存在にならないよう、地下のライブハウスで物語は動き始めた。モヒカンや鋲ジャンに代表されるパンクのスタイルは英国がルーツだが、当時のバンドマンたちが見ていたのはアメリカのシーンだ。その刺激を受けた日本の若者たちが動きだしたのが’90年代パンクブームの最初の起こり。シーンを最初から見続けたミュージシャン、LOW IQ 01が語る。

「やけにポップだし服装もラフでほかのカルチャーとも密接に繋がってる。スケートのビデオを見たらUSハードコアが流れてるし、ハードコアなのにレゲエをやるバンドもいる。いろんなものがクロスオーバーしてて、すごくカッコよく見えたんだよね」

 同じような動きが東京でも始まり、ライブハウスは新しいもの好きな若者たちの遊び場になっていく。最初はココバットやニューキー・パイクス、ビヨンズといったバンドから始まり、コークヘッド・ヒップスターズ、ハイ・スタンダード(ハイスタ)、スーパー・ステューピッドなどが次々と始動。そこに続いた若手がブラフマン、ハスキング・ビー、バック・ドロップ・ボム、スキャフル・キングなどだ。それぞれ一概にパンクとは言えない音だが、雑食性と多様性、似ていないのに連帯感のある感じが、このシーンの面白さだった。

 最初に表舞台に飛び出すのはコークヘッド・ヒップスターズ。’94年に日本クラウンからメジャーデビューし、翌年にはハイスタもトイズ・ファクトリーからデビュー。デビュー後も派手な露出はなかったが、口コミでファンが増え続け、いつしか日本中のライブハウスでチケットの争奪戦が起こるようになっていく。演者も観客も、ラフなTシャツと短パン、そしてスニーカー。大勢がぐるぐるとフロアを回るサークルモッシュ、満員の観客の上を人が転がっていくクラウドサーフというスタイルはこの頃に定着。『イカ天』時代とはまるで異なる、カジュアルでスポーティな文化が確かに芽生えたのだ。

 また、Tシャツが重要視され、物販の枠を超えてアパレルを立ち上げるバンドも多かったのも特徴。「DEVILOCK」もそのひとつで、彼らが主催するライブイベントも隆盛を極めていく。限定販売のTシャツには長蛇の列ができ、音楽よりファッションが重視され始めていることを問題視する声もあったが、口コミで広がるユースカルチャーの勢いは止められない。

「バンドが全部DIYでやっているのがカッコいい」という価値観は’97年にハイスタが始めた野外フェス「AIRJAM」で決定づけられる。1年目はお台場で、翌年は豊洲で、より規模と動員を増やしていくこのフェスが、’90年代パンクシーンを象徴する存在になるのは必然で、いつしか「AIR JAM系」という言葉も生まれていた。

 ’99年、ハイスタがメジャーを離れ自主レーベル「ピザ・オブ・デス」を立ち上げて出したアルバム『メイキング・ザ・ロード』は、全国のキッズの興奮をかっさらいミリオンを突破。いくらCDバブルの時代とはいえ、完全自主制作でそんな記録を打ち立てたのは、後にも先にも彼らだけだ。

<知らない人はまずここから!! ’90年代アルバム3選>

●スーパー・ステューピッド 『What A Hells Going On』

ファーストにして金字塔。メロディックパンクであると同時に、変化球のミクスチャーでもあった。キングギドラとのコラボも

●コークヘッド・ヒップスターズ 『HOW FAR WILL YOU GO!?』

シーンの中でもいち早く頭角を現した4人組。スカ、ファンク、スラッシュメタルなどを絶妙のユーモアを交ぜて融合させた

●ハイ・スタンダード 『MAKING THE ROAD』

音楽史に残る不朽の名作。勢いとガッツと明るさに満ちたパンクロックの名曲がずらりと並び、全国の若者をキッズに変えた

取材・文/石井恵梨子 秋山純一郎(本誌)

― あの[’90年代パンクブーム]に舞え! ―

関連リンク

  • 11/20 15:43
  • 日刊SPA!

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • こうしてマギーの不倫に繋がるわけか~( ・_・)

記事の無断転載を禁じます