清原翔、桐谷美玲とラブシーン初撮影で人生史上最高に緊張?<リベンジgirl>

拡大画像を見る

【清原翔/モデルプレス=11月20日】雑誌「MEN'S NON-NO」専属モデルの清原翔が出演する映画『リベンジgirl』(12月23日公開)の場面カットが、モデルプレス独占で到着した。

興行収入24.3億円を突破した『ヒロイン失格』(2015)にてその女優魂に高い評価を集めた桐谷美玲が、2年ぶりに主演を務める映画『リベンジgirl』。今回桐谷が演じるのは、“ミス東大”“イケメン彼氏持ち”、性格以外はパーフェクトな“イタイ女” 宝石美輝。フラれた相手を見返すために女性初の総理大臣を目指す型破りなヒロインを、キュートな魅力とマルチな才能を持つ桐谷が体当たりで演じる。

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』をヒットに導き、11月25日には『覆面系ノイズ』の公開も控える三木康一郎監督がメガホンをとった。

◆“きよたんスマイル”封印で緊張?

そして、美輝の失恋相手で、イケメンかつ政治家一家のサラブレッドの斎藤裕雅役を演じる、「MEN’S NON-NO」専属モデルであり、「ゼクシィ」のCMの新郎役などで大注目集めている清原の笑顔を封印したクールな場面カットが公開された。

清原といえば“きよたんスマイル”の愛称で、そのくしゃっとした笑顔が「癒される!」と女性の間で話題沸騰中だが、今作では笑顔は控えめに、女性を弄ぶ役柄を熱演。ブルガリのバーで、フォーマルなスーツに身を包むその佇まいからも、今までに見たことのない表情が伺える。

本作の役作りに対して清原は「今回の役どころが政治家の跡取りで女性に対してだらしない、でも女性の扱いに慣れている役なのですが、政治家を目指す真面目な面と、あとは“自信満々に”という点を特に意識していました」とこだわったポイントを語っている。

一方で、物語の前半、美輝とのデートシーンでは、普段通りの“きよたんスマイル”が炸裂。恋に落ちる芝居について「やっぱり桐谷さんなので、すんなりでした」と話すも、初めて演じることになった恋愛シーンは「人生史上最も緊張しました!」と表現するなど、ファンにはたまらない清原の新しい一面を期待することができる。スマートな魅力で、多くの女性のハートを掴み、才色兼備な美輝までも魅了する清原の演技に注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/20 15:36
  • モデルプレス

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます