“バーミヤン史上最辛”の鬼辛マーボタンメン

拡大画像を見る

中華レストラン・バーミヤンは11月16日から、“バーミヤン史上最辛”を謳う「鬼辛 マーボタンメン」の販売を開始する。

今回、「冬のキラめき ご馳走中華と冬に食べたい! ラーメンフェア」と題して、新ラーメンが登場。「辛旨盛り!辛味噌マーボタンメン」(699円/税別/鬼辛は+50円)は、ふつう/辛口/鬼辛の3段階から好みの辛さを選べ、鬼辛はふつうの辛さの7倍で、バーミヤン史上最も辛い一品となる。

そのスープは、2種の唐辛子で辛みを引き立て、さらに自家製のおつまみ豆板醤を加えることで、辛さだけでなくコクを出した。スープに辛味をつけたことで、マーボタンメンの真髄である“辛旨”を最初の一口から最後の一滴まで楽しむことができる。

ほかにも、鶏白湯スープ・鶏のモミジスープと8種類の野菜をじっくり煮込んで旨みを引き出した野菜系スープを合わせた「こってり!スッキリ!京都風こってりラーメン」(699円/税別)、ミニロブスターの身と甲羅がトッピングされた「驚天動地 ロブスター味噌ラーメン」(899円/税別)も登場する。
  • 11/15 12:48
  • Narinari.com

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます