misono、姉・倖田來未との不仲説否定も「お姉ちゃんはトラウマだった」

拡大画像を見る

歌手でタレントのmisonoが、10日に配信されたインターネットテレビ局・AbemaTV『エゴサーチTV』(毎週金曜22:00~23:00)で、姉で歌手の倖田來未との不仲説について言及した。

自身のことをインターネット上で検索する行為"エゴサーチ"。同番組は、エゴサーチが得意なお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストに関してエゴサーチしながら、検索結果の真偽を探っていく。

misonoは、姉・倖田來未との関係を聞かれ、「お姉ちゃんと不仲とかすごい(記事が)出てくるんですけど、全然不仲じゃないです」と不仲説を否定。また、西野が「倖田來未、デビュー当時の実妹・misonoへの複雑な心境を吐露」という記事を発見し、これについて追求すると、「お姉ちゃんはトラウマだったらしいんです」と明かし、「妹の方が可愛いとか、先に売れちゃったとかっていう。お姉ちゃんが先にデビューしたのに、先にベスト10に入ったのはウチ。またお姉ちゃんは、テレビに出ないで売る、でもウチはもう音楽番組に出して売るっていう、戦略も全然違ったんで比べられてしまった」と説明した。

さらに、「でもウチは、お姉ちゃんをリスペクトして、お姉ちゃんの方が凄いっていうのが分かっているし、大前提にあるから、何か言われたところで『いや、お姉ちゃんの方が凄いよ』って、ずっと言っていた」と姉への尊敬の思いを熱弁。そして、「でも最初はウチも嫌でしたよ。倖田來未の妹って、めっちゃ言われましたもん」と当時の心境を打ち明けた。

(C)AbemaTV

関連リンク

  • 11/14 16:28
  • マイナビニュース

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます