淀殿は本当に「プライドの高い悪女」だったのか?

拡大画像を見る

仕事で悩んだり、壁にぶつかったり……。そんな悩みを解決すべく、歴史上の人物の知恵と行動から探っていく番組『先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)』(NHKEテレ、毎週火曜22時)。11月14日は、「“ガラスの天井”に挑んだ戦国女性たち 淀」と題して、豊臣秀吉の側室として愛され、女性トップの座に上り詰めた「淀殿」に注目する。

戦国大名・浅井家の姫として不自由ない暮らしから一変、両親の死、姉妹との別れなど、過酷な人生を歩んでいった淀殿。彼女は、そのどん底の経験から、秀吉の側室、そして秀頼の母として、その後の人生をどのような「思い」で生きたのか? 最近の研究では、「プライドの高い悪女」のイメージとは異なる、淀殿の「悲しき深層心理」を捉えようとするものが多い。淀殿の生き方から、功罪どちらにも転化しうる「願望」との付き合い方を探る。

関連リンク

  • 11/14 6:00
  • テレビドガッチ

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

4
  • 心理的に同情出来る部分は有るけれど、やった事は確かにロクでも無かったと思う…(-""-;)

  • 脱走兵

    11/15 7:20

    負けた側が悪く言われるのは歴史の常。マリーアントワネットが「パンがなければお菓子を食べれば?」と言ったのも捏造だし。楊貴妃も悪者にされたのは安録山の反乱の大義名分だろうし。隋の煬帝なんかはわりと名君なのに弑逆した臣下に暴君よばわりされた。

  • センチャン

    11/15 4:59

    三姉妹の長女は ワガママ系ですねぇ(-_-;)

記事の無断転載を禁じます