亡き祖父への想いを込めタトゥーを施した男性、未だ就職できず(英)

拡大画像を見る

マンチェスター北部コリーハーストに暮らすジョー・パーソンズさん(21歳)は、これまで受けた30もの面接にことごとく落ちており仕事がなかなか決まらない。その理由は「首に彫ったタトゥーが原因で差別されているから」だという。

ジョーさんは昨年11月に、亡き祖父への想いを込めて250ポンド(約37,400円)の費用をかけ、十字架に天使の青い羽根をつけた赤い心臓のタトゥーを首に大きく彫った。「十字架部分におじいちゃんの想いが現れている」とジョーさんは話しており、とても大切な思い入れがあるようだ。しかし目立ってしまいインパクトがあり過ぎて、面接に行くたびに断られてしまう結果となっている。

「周りの人は私のことを幸せでいるんだろうと感じていたと思います。でもタトゥーを入れた後は、自己中心的なやつだと見ている気がします。私は普通の人間です。ただきちんとした仕事が欲しいだけなのにタトゥーが原因で採用されないなんて屈辱だし差別です。」

首のタトゥー以外にも前腕などに3つのタトゥーがあるジョーさんは、不採用続きなのは決して自分のスキル不足が原因ではないと主張する。ハイネックのシャツを着てタトゥーを隠しても、大きなデザインゆえどうしても翼の先が見えてしまう。実はこのタトゥーを入れた時、ジョーさんはビスケット工場で働いていた。しかし母親が路上で暴漢に襲われて以来PTSD(心的外傷後ストレス障害)を患うようになり、ほぼ一日中ケアとサポートが必要になってしまったために、昨年のクリスマス後に工場での仕事を辞めてしまったという。

経済的にも母親の援助をしているジョーさんは、今年1月から再び仕事を探し始めた。ところが今に至るまで一度も採用されてはいない。ジョーさんはこれまで小売業やサービス業、コールセンターなどで4年の勤務経験があるが、タトゥーが無かった頃に採用されたことがある店でさえ断られ、貯金は底をつき始めた。もうすぐやってくるクリスマス前にはなんとかして仕事を見つけたいと、気持ちが焦っているジョーさんはこのように心情を吐露した。

「タトゥーを彫ったことは後悔していませんし、除去したくもありません。ただ周りの人に理解してもらえないことが悔しいです。誰もタトゥーをあからさまに指摘することはないのですが、面接時に私が座るやいなや、私の目を見て次に視線を首のタトゥーへ向けます。見た目で判断されているのは明らかなのです。今では首に『私を雇わないで』と書いておいたほうがよさそうな気さえします。」

このニュースを知った人は「人を外見で判断したらダメというけど、やっぱり見た目に偏見を持つ人がいるのが世の中でしょう」「祖父の思い出のタトゥーなら、なぜおじいちゃんの名前を彫っていないのだろう。単なる同情集めで言い訳しているだけでは」「仕事が決まらないのは、当然差別に決まっているだろ」「そんなに派手で大きなタトゥーを首に彫ったら仕事だってそうそう見つからないよ。もっと考えるべきだったのに」「偏見を持つつもりはないけど、やっぱり見えない場所に彫るという配慮が必要だったのでは」「この人、大きな過ちを犯してしまったようだね」といった声があがっている。

画像は『Metro 2017年11月10日付「Man says he can’t get a job because of his neck tattoo」(Picture: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

関連リンク

  • 11/12 21:30
  • Techinsight japan

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

130
  • まる

    11/18 6:52

    自分で好きでタトゥー入れて人生困った、世の中が悪いからだ! アホばっかり…。

  • 別天津神

    11/18 6:44

    阿保の極み、それがお前だ。大麻馬鹿。

  • アホばっかりやな笑

記事の無断転載を禁じます