【MLBプレーオフ】田中将大も呆然、ヤンキース8年ぶりWS進出逃す 「ダルVSマー君」実現せず

拡大画像を見る

2009年以来のワールドシリーズ(WS)進出を目指したヤンキースがあと1勝というところで力尽きた。

大一番で完封負け、2009年以来のWS進出ならず

 2009年以来のワールドシリーズ(WS)進出を目指したヤンキースがあと1勝というところで力尽きた。21日(日本時間22日)、敵地で行われたアストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第7戦。先発のサバシアが4回、ギャティスに先制ソロを被弾すると救援も踏ん張れずに5回に3失点。0-4で敗れ、3勝4敗で敗退した。

 ワイルドカードから勝ち上がったヤンキースは地区シリーズでインディアンス相手に2連敗から3連勝でリーグ優勝決定シリーズに進出。アストロズにもいきなり2連敗を喫したが、本拠地での3連勝で一気に王手をかけていた。しかし敵地に移った2試合で痛恨の2連敗を喫して力尽きた。

 この日は打線が散発3安打で完封負け。敗戦の瞬間、ベンチで見守った田中将大投手も呆然としながらフィールドに視線を送った。田中は今季のポストシーズンで3試合に登板。2勝1敗、防御率0.90と圧巻の成績を収めていた。

 ナ・リーグはダルビッシュ有、前田健太両投手が所属するドジャースが優勝。ワールドシリーズで田中とダルビッシュの投げ合う可能性も浮上していたが、ヤンキースの敗退で消滅した。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 10/22 12:18
  • フルカウント

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます