「緑のペンと赤い下敷き」を使った暗記法にアプリが誕生してた! スマホだけで暗記学習ができちゃうなんて便利すぎ

拡大画像を見る


アラサー、アラフォー世代が学生時代、かならずといってやっていたであろう暗記法。それが「緑のペンで暗記する部分に線を引き、その上に赤い下敷きをあてて隠す」というやり方です。英単語、日本史の年号、化学記号……うおお、なつかしい!

しかしこの暗記法、なんと今はスマホのアプリでできちゃうというのです……!! もはや下敷きも教科書も取り出す必要ないだなんて、知らない間に時代進みすぎだよー!

【どんな仕組み?】


まず用意するのはぺんてるの「アンキスナップ」(税抜き500円)というスマホ暗記用のマーカーペン。重要な部分にこのマーカーでラインを引き、専用アプリを立ち上げてスマホで撮影すると、マーカーを引いた部分に目隠しのマスクがかかるという仕組みです。

混雑した電車の中などで教科書と下敷きを両手に持って勉強……となると大変でしたが、これなら必要なのはスマホだけ! 手軽に効率よく勉強できて暗記がはかどりますね。ちなみに、アンキスナップ付属のシリアル番号を入力すれば、アプリでのページ保存枚数が1年間無制限になるのだそう!

【5色の色分けが可能】

そして先日、この専用アプリが大幅リニューアルし「アンキスナップVer.3.0」に。これまではオレンジ色のマーカーにしか対応していませんでしたが、新たにスカイブルー、ライトグリーン、ピンク、バイオレットも加わり5色の蛍光マーカーに対応できるように

たとえば英単語を暗記する際、英語はスカイブルー、日本語はピンクでマーキングしたとします。するとピンクの部分に目隠しのマスクをして日本語訳を、スカイブルーの部分にマスクをして英単語を連想することで、日本語と英単語の両方の暗記ができることになります。

【時代の進化を感じて!】

受験生はもちろんですが、社会人になっても仕事のことやビジネスマナー、資格取得などいろいろ覚えることはあるもの。そんなときはこのアンキスナップと専用アプリが役に立ってくれそう! これから何か暗記をするという人は使ってみるのはいかがでしょうか。時代の進化を体感してみて!!

参照元:アンキスナップ、プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

関連リンク

  • 10/2 8:45
  • Pouch

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます