【 #TGS2017 レポート 】VRで『挙式』を体験!ボルテージブースで“新郎との記念撮影”や“婚姻届にハン押し”で既婚者デビューな気分を満喫してきた

拡大画像を見る

TGSの名物ともいえる、ロマンスゲームコーナーのボルテージ。昨年大きな話題を呼んだ、壁ドンの進化形『椅子ドンVR』に次ぐ今年のボルテージの目玉はズバリ『挙式VR』!!挙式である!!


乙女の最大の夢であり、人生の門出でもある挙式までもがVRで事足りてしまうなんて…ヒトにリアルが不要となるのはもはや時間の問題。そんな時代の訪れを予感させるこのブースの内容はというと…


 


昨年は椅子に座ってVRヘッドセットとヘッドホンを装着する形だったが、今年は新たに手に握るコントローラーも加わったことで、花婿と腕は組めるしブーケも持ててしまう。この3種の神器を装着すれば、後はもう式を挙げるのみ。いざ、挙式!



二人だけのための挙式を用意してくれた私の愛する新郎は『誓いのキスは突然に Love Ring』の鴻上大和(こうがみ やまと:CV緑川光)。夫となる大和の隣に並び立った瞬間の感想はというと……、「大和、背が超高い!」185cm以上あるのではないかという視線の差を体感するだけでもドキドキしてしまう。同時に感無量な気にもなる。「隣に大和がいる。私はこれから大和と…ケッコンするーーー!!!」と、脳みそは完全に興奮MAXだ。


 


この先は是非、挙式VRを体験して確かめて欲しい。さて、VRでの挙式を終えると、次はVR体験の延長とも言える企画が待っている。なんと、ボルテージイケメン、ロマ君エスコートのもと二人で結婚の記念撮影ができるのだ。



加えて、婚姻届にハンを押してくれるという大サービスっぷり!



こちらのロマ君はハンコ王子の異名を持つだけあり、押印がとても上手い。あまりの美しい所作に見惚れると同時に、一体何枚の婚姻届に印を押したのか少し複雑な気持ちにもなるが、もう十分である。とにかく完璧だ。「完全に私は今、挙式した。」そう実感させてくれる貴重な体験なのであった。



まだまだ終わらないボルテージブース、続いては戦国武将との切なくも甘い恋愛ストーリーが大人気の『天下統一恋の乱 Love Ballad』のコーナー。今年は殿と忍に「褒められる」か「責められるか」を体験できるようになっている。個人的には責められたい。



「褒められる」か、「責められる」のか……



運命やいかに……!!!



ちなみに、こんな注意書きが。「お客様のお体にイケメンが触れるシーンがあります。」



予めご了承して、是非ご参加を!


他にも先日リリースされたばかりの注目の新作『アニドルカラーズ』の展示、一般公開日には、大人気の推理型恋愛ゲーム『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』から派生した『フェイク~芸能人は全員嘘つき?~』がブースに登場するなど、要注目の企画が目白押し。TGSに参加する人は要チェックのブースだ。


  

関連リンク

  • 9/22 10:31
  • Scoopie News

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • Libra.Astraia

    9/26 6:55

    そこまでしたいとは思わない。2次元はあくまで2次元内で楽しむべきと思う。それに私は大和ではなく、崇生さん推しだし♪

記事の無断転載を禁じます