福山雅治や木村カエラが各世代に人気 コブクロのあの歌は? “ウェディングソングランキング ベスト5”

拡大画像を見る

レギュラー陣がクイズ形式で予想しながらランキングが発表されていく。おかずクラブのオカリナは「そろそろ入ってもいいのかな?」「いろいろありましたが、幸せになりましたしもういいかな?」と考えつつ『永遠にともに』(コブクロ)を予想するが、5位以内には入っておらず「残念! まだかー!」と肩を落とした。一方で結婚式に招かれることは多いというゆいPは自信ありげに『Butterfly』(木村カエラ)と回答して正解する。そうやって分かった世代別ベスト5は以下の通りであった。

■ウェディングソングランキング 世代別ベスト5

・20代
1位 『Butterfly』(木村カエラ)
2位 『トリセツ』(西野カナ)
3位 『ハッピーサマーウェディング』(モーニング娘。)
4位 『家族になろうよ』(福山雅治)
5位 『愛を込めて花束を』(Superfly)

・30代
1位 『CAN YOU CELEBRATE?』(安室奈美恵)
2位 『Butterfly』(木村カエラ)
3位 『家族になろうよ』(福山雅治)
4位 『ハッピーサマーウェディング』(モーニング娘。)
5位 『トリセツ』(西野カナ)

・40代
1位 『CAN YOU CELEBRATE?』(安室奈美恵)
2位 『乾杯』(長渕剛)
3位 『家族になろうよ』(福山雅治)
4位 『Butterfly』(木村カエラ)
5位 『トリセツ』(西野カナ)

・50代
1位 『乾杯』(長渕剛)
2位 『CAN YOU CELEBRATE?』(安室奈美恵)
3位 『てんとう虫のサンバ』(チェリッシュ)
4位 『Butterfly』(木村カエラ)
5位 『家族になろうよ』(福山雅治)

『Butterfly』(木村カエラ)と『家族になろうよ』(福山雅治)は各世代でランクインしており、『CAN YOU CELEBRATE?』(安室奈美恵)は3世代で上位に入っている。この辺りが今のウェディングソングの定番曲と言えるのではないか。

『てんとう虫のサンバ』は50代で3位に入ったが、番組レギュラーの鈴木あきえは6月に挙式・披露宴を行った際に「『てんとう虫のサンバ』を使わせて頂きました」というから若い世代も知っているようだ。

当日のスペシャル牧師を務めた出川哲朗が入場する時のBGMにしたと嬉しそうに話す鈴木あきえだったが、実は『ダウンタウンDX』のなかでチェリッシュの松崎好孝が同曲の裏話を明かしている。

彼は『てんとう虫のサンバ』の歌詞を見てLPレコードに収録する1曲だったので、はじめは「面白いな」と思っていた。だが関西のラジオ番組がテーマソングに使って評判が良かったため、急きょシングルカットして発売することになったのだ。

松崎好孝は当時を振り返り「嫌でね~!」と本音をぶちまけてダウンタウンら周囲を慌てさせた。「何が赤青黄色の衣装を着けただよ! そんなてんとう虫がいるか!」と溜まったものを吐き出していたが、鈴木あきえをはじめ使用した人々が知ったらショックかもしれない。

画像は『福山雅治 2017年9月1日付Instagram「行こう、由美子。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 9/11 17:16
  • Techinsight japan

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

44
  • あと、プランB プランC も考えて準備をしておくことかな。事前にお願いされてるなら当然として、飛び入り歓迎タイムで何かサプライズを企んでいてもだよね。可能なかぎり早めに会場に着いて、可能なかぎり支配人や司会者や音声係と話をしておくべき。ド定番曲であればあるほど、会場がプログラムイベントBGM用に準備してるのと丸カブリになる可能性が高い。主役の感動シーンの邪魔なんて、絶対ダメ。

  • いまどき結婚披露宴自体がレアになっちゃってるし。せっかくやるのに、堅苦しい昭和の披露宴とか自粛ムードだった平成初期の披露宴ではないのだから。みんな、建前ではいいって言うんだけど、本音はドハマリ歌なんかダサいって実は思ってんだよ。親御さんや御親戚のお歴々御大がどんだけ保守的なのかリベラルなのか、リサーチしといて考えるしかしょうがないよ。

  • つるのたけし「さよならの向う側」

記事の無断転載を禁じます