川栄李奈、艶シーン満載出演ドラマ「僕やり」に「9時台の只野仁」の異名!

拡大画像を見る

 川栄李奈の艶シーン満載が話題になっているドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)。バストが強調されるタンクトップに肉付きのいい脚が丸ごと見えるショーパンという部屋着姿だけでも十分に艶めかしいが、8月15日放送の第5話では、主人公トビオを演じる窪田正孝との『交わり』シーンが何度もあり、ネット上には「親と見ててかなり気まずい」などと、大きな反響が寄せられている。

「川栄は今作で女優としてひと皮むけたといっても過言ではないでしょう。AKBを卒業して女優に転身した直後は同性からの風当たりが強かったものの、現在演じている『今宵ちゃん』は、異性はもちろんのこと同性からのウケもいいようです。可愛げがあってちょっと頭がユルい女子高生を絶妙なサジ加減で演じていますからね。毎回用意されている艶シーンも好評で、第5話では窪田によるバックハグからの『交わり』シーンに『今はダメ』と言いながら押し倒されても、女性視聴者から敵対視されるどころか、うらやましがられています。また、03年から実写ドラマ化されている人気シリーズ『特命係長 只野仁』(テレビ朝日系)を引き合いに出し『川栄のおかげで9時台の只野仁になってる』『笑いながら見られる艶シーンは只野仁クラス』といった声も多く、『このドラマで川栄のことを好きになった』という声も少なくありません」(テレビ誌ライター)

 7月29日放送の「下北沢ダイハード」(テレビ東京系)でも大人のサービスを提供するお店のキャストを好演した川栄。今、「実在しそうな艶キャラ」を演じさせたら、川栄の右に出る者はいないかもしれない。

関連リンク

  • 8/21 9:59
  • アサ芸プラス

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます