カフェで息子が飲み物をこぼした! 父親の対応に、10万もの「いいね!」

拡大画像を見る

公共の場で我が子が失敗すると、親としては内心穏やかではいられないもの。

声を荒げて注意するか、あきれてため息をつくか…つい感情が先立ってしまう場面は多々あります。

ある日、スーパーのカフェスペースでくつろぐ1組の親子を見かけたケイリン・マリーさん。

すると6、7歳くらいの息子が床に飲み物をこぼし、慌てて父親に謝り始めたといいます。

父親は注意をすることも、ため息をつくこともなく「ナプキンを取ってくるよう」息子に指示し、自らも汚れた床をきれいに拭いていたのだそう。

父親が掃除をしながら息子に語りかけたある言葉に、ケイリンさんは深く心を打たれました。

ケイリンさんをうならせた言葉とは、一体どんなものだったのでしょう。

大丈夫、君はこれから大きくなる

ケイリンさんの心に響いた、父親の言葉がこちらです。

君はこれから先、もっと大人になっていくんだ。君はとても賢い頭を持っているんだから、大事なのはその使いかたさ。

周囲の状況に注意して、同じような失敗を繰り返さなければいいんだよ。

失敗を防げるかもしれないし、万が一起きてしまっても、サッと動いて自分の力で過ちをカバーすることはできるからね。

Kalynne Marie ーより引用(和訳)

父親の教え諭す姿に、ケイリンさんはハッと息をのんだといいます。それはケイリンさんにとって、理想ともいえる子育てのありかただったからです。

感動したケイリンさんは、見知らぬ親子のやり取りを自身のFacebookに投稿しました。

I just witnessed a boy, maybe about 6 or 7, accidentally spill a slushee everywhere. I'm talking blue and red goop all...

Kalynne Marieさんの投稿 2017年8月1日

心温まるエピソードには10万もの「いいね!」が付く結果になりました。

偶然、再会を果たす

後日、ケイリンさんは偶然にも同じスーパーで親子の姿を再び目にしました。

ケイリンさんは緊張しつつも話しかけ「自身のFacebookに彼らのやり取りを載せたこと」を告白しました。その時の様子がこちらです。

Kalynne Marieさんの投稿 2017年8月8日

父親の名はジョーさんで、息子の名はガスくんというのだそう。

ジョーさんの振る舞いを褒めたたえると、彼は笑い声を上げて息子にこういいました。

「ガス、私はいつも穏やかだっけ?」

茶目っ気たっぷりの父親の言葉に、ガスくんはこう返します。

「そうであってほしいね!」

偶然から生まれた素敵な出会いに、多くの人が称賛のコメントを寄せました。

すごく好きなエピソード。こんな親になりたいな。
知恵と優しさのある、ヒーローみたいな父親だね!
こんな親が世の中にたくさん増えたらいいのに。

穏やかでいたい気持ちはあるものの、親だって人間。感情が表に出てしまうことは誰にだってあります。

しかし、子どもにとって親は1つの『指針』であり、大きな影響を与える存在であるからこそ、視野を広く持って接したいものです。

ジョーさん親子のやり取りは、大勢の心に『親のありかた』を考えさせるものでした。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 8/13 8:06
  • grape

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます