ジョギング中に女性を車道に突き飛ばした男さっそく逮捕 写真公開が決め手に(英)

拡大画像を見る

テムズ川にかかるパットニー橋の歩道で5月5日の朝、東から西に向かってジョギングしていた男が西の方から歩いてきた33歳の女性(氏名などは明らかにされず)にぶつかり、その体を車道の方向に突き飛ばすという事件が発生した。女性は尻もちをついて胸部から上が車道に飛び出したが、バスの運転手がとっさにハンドルを切ったことから幸いにも軽傷で済んでいた。監視カメラが一部始終を捉えていたが男は知らん顔で再びジョギングに戻っており、悪意があったことは明白。ロンドン・メトロポリタン警察はすぐにこの男の行方を追っていた。

容疑者は30代前半から半ばの白人の男で瞳と短めの毛髪はブラウンと特定されたが、3か月が過ぎてもその身柄を拘束することができず、警察はついに監視カメラが捉えていた30秒ほどの映像と男の拡大写真を公開し、市民からの情報提供を呼び掛けた。それから間もなくという8月10日、警察はロンドン南西のチェルシー地区で41歳の男(50歳とするメディアも)を事件の容疑者として逮捕したことを発表。「市民からの情報提供のおかげです」と感謝を述べた。

その後の状況を確認するためか、15分後にはぬけぬけとその橋に戻ってきたその男。職業と犯罪の関係を研究している心理学博士のクレイグ・ジャクソン氏は朝の人気情報番組『Good Morning Britain』の取材に「はっきりと言えるのは、この男は“自分はほかの誰よりも重要で大きな価値のある人間”などと信じこんでいるタイプの人間だということです。正面衝突を怖がり先にハンドルを切った方が臆病者とされる“チキンゲーム(日本ではチキンレースとも)”というものがありますが、彼はその勝者となることにこだわります。自分の方から譲るということが出来ない性格なのです」と述べた。その歪んだ思考回路が高じた一瞬の凶行であったというのである。

このたびの犯人検挙は市民からの情報提供が決め手となっている。協調性を持った人間なら道を譲ったくらいで苛立つことはないが、この男は「なぜ俺が譲らなきゃならないのか。それは悔しい、許せない」などと考えてしまう、いわゆる“オレ様主義”な性格が目立っていたのであろう。「彼ならやりかねない」と周辺の人々も分かっていた可能性がありそうだ。

画像は『The New York Times 2017年8月10日付「London Jogger Suspected of Shoving Woman Into Bus’s Path Is Arrested」(Courtesy of METROPOLITAN POLICE LONDON)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

関連リンク

  • 8/12 22:13
  • Techinsight japan

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます