高いって聞くけど…いくらくらい?歯科矯正にかかる費用の目安

歯科矯正の費用は、医療機関によって異なるだけでなく、実際に行われる検査や使用される装置などによって異なります。治療後になって支払いに困ることがないよう、忘れずに確認しましょう。

歯科矯正にかかる費用の目安

歯科矯正では、治療前、治療中、治療後と3つ段階ごとに必要な費用が異なります。また、医療機関によって費用が異なるため、あくまで目安として参考にしましょう。歯科矯正では、治療に移る前の段階から費用が必要になる場合もあるようです。特に、精密検査が必要になる場合は、高額になりやすいようです。相談のみであれば、10,000円程度に抑えられることが多いため、気になる方は診断してもらうとよいでしょう。

初診・相談料/歯の悩みを聞いて、治療内容の相談を行う。0〜10,000円程度

精密検査料/頭部X線写真、口や顔の撮影、歯型採取25,000〜60,000円程度

診断料/治療計画の説明10,000〜40,000円

引用:ヘルスケア大学

歯科矯正の治療では、高額な費用が必要になります。また、使用する装置によって費用が異なるようです。特に、裏側から取り付けて矯正する場合には、通常よりも高額になりやすいとされています。

装置・基本料/選択した装置によって異なるが、65万〜100万円程度。裏側の矯正は150万円程度

処置料/装置・基本料に含まれる場合や、都度発生する場合がある。1回数千〜1万円程度。

引用:ヘルスケア大学

治療後にも、装置の保存などで費用がかかるようです。歯科矯正をする際には、治療前から治療後までのトータルの費用を頭に入れておくことを忘れないようにしましょう。

装置・基本料金/リテーナー(保定用器材)の料金が10,000〜60,000円程度。

引用:ヘルスケア大学

総額制か処置料別支払いかを確認

医療機関によっては、支払方法も異なるようです。総額制の場合であれば、あらかじめ予算を見積もることが簡単でしょう。しかし、処置料別支払いでは、治療の過程で高額になってしまう場合もあるようであるため、注意が必要です。

総額制は、治療前にトータル金額を提示し、提示金額から増減せずに最後まで治療を行うタイプ。治療期間が長くなっても短くなっても同料金となります。

処置料別払いは治療の項目ごとに金額が決まっているタイプ。契約時に決めた装置・基本料以外に処置料がかかってきます。通院期間が長期化すると、その都度、処置料を払うので高くなる可能性があります。

引用:ヘルスケア大学

歯科矯正の費用は事前に確認

歯科矯正を受けるうえでは、初診から治療が完了するまでのトータルで必要な費用を考えるようにしましょう。気になる方は、まずは、医療機関のホームページや電話での問い合わせから確認してみるとよいでしょう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/17 20:10
  • スキンケア大学

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます