いとうあさこの「終活宣言」に、村上知子が大号泣

拡大画像を見る

 7月9日の『ウチくる!?』(フジテレビ系)にメインゲストとして森三中の3人が出演。仲の良い友人としてお笑いタレントのいとうあさこ(47)が登場して、自身の「終活」について語り、森三中の村上知子(37)を号泣させるシーンがあった。

 恋愛や結婚といったことは「1ミリも考えてない」と言ういとうは、年齢が50になることを意識しており、「死んだらどうしようっていうほうなんで。婚活より終活」をしていると告白。まじめな顔で「正直、本当にいつ死ぬか分からないじゃないですか、この年になると」と主張した。

 さらにいとうは、他の番組で“何かやりたいことがあるか”と聞かれたと話し、「(そのときに)終活からめて遺影を撮ったんですよ」「すっごい明るい(遺影で)、一升瓶、いろんな種類撮ってるんですけど、一升瓶持っておちゃらけしてるのが一番みんな泣くだろうってことで」と、遺影の内容を具体的に明かした。

 すると村上が「もう泣いてます、想像しただけでやばい」と涙目に。相方の大島美幸(37)が「面白いよ?」とフォローしたのだが、涙が止まらない村上を見て、「泣かないで〜」と、なぜかいとうももらい泣き。番組MCの中川翔子(32)が「まだ生きてるのに!」とツッコみ、いとうが村上に「まだ生きるね!」と涙ながらに声をかけたが、村上は「見えたの、一升瓶が見えたの〜、嫌だった〜!」と大声を上げて号泣し、他のメンバーやMC陣を爆笑させていた。

 その後、番組MCの中山秀征(49)が悪乗りして一升瓶をいとうに渡す展開に。いとうは「ちなみに撮った写真は……」と、一升瓶を右手に持ち、左手をパーにして、笑顔全開で決めたポーズを披露。するとそれを見た村上は「泣いちゃうよ、嫌だー!」とまたも大号泣。大島は「笑ってあげてよ〜!」と注意したのだが、その場に同席していた椿鬼奴(45)も「悲しい……」としんみりするなど、異例の展開になっていた。さらに、いとうは葬式の出棺の曲も決めていると言い、それは尾崎紀世彦の『また逢う日まで』だと吐露していた。

「いとうあさこと森三中は女性のお笑いタレントとして、バラエティ番組の最前線で戦っている“同志”ゆえ、お互いに熱い友情を感じているのでしょう。最近では結婚する女性のお笑いタレントも増えてきましたが、“芸人は幸せになったら、つまらなくなる”という暗黙のルールを意識してきた世代だけに、いまだに独身のいとうの気持ちが、痛いほど分かるのかもしれませんね」(お笑いライター)――女性同士にしか分からない苦悩がある!?

関連リンク

  • 7/13 20:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

5
  • 現実に考えたら 結婚してもイツ明日死ぬかもしれないから 遺影は考えてる 明日は我が身かも 1回向こうの世界を見たら思う 綺麗なとこですよ 手招きしてくれる人間が居ます タマタマ中学の時に亡くなった叔父さんにバイバイされて目がさめた 死ぬ人は身内に手招きで決まるんだと たまに人間の後ろで後光指したら半年後に招かれて行ってしまうんですね 行く前の顔が仏さんになってるよ

  • 結婚だと話が飛びすぎか、番組の一幕なんだけど正確には男と付き合ったらだ。結婚もしたいという言葉に村上が頭を抱えて芸人してる以上そういう事は出来ないと頑なに思ってたのが相当応えたようで、その番組の後ほどなくして男と付き合うようになったという話。

  • アレックス

    7/14 10:17

    あ、よく見たら何書いてるか判らないや。

記事の無断転載を禁じます