ACLラウンド16を控える鹿島と川崎!勝って弾みをつけたのは!?(動画あり)

拡大画像を見る

5月19日にJ1リーグ第12節、鹿島アントラーズ対川崎フロンターレが行われた。 23日にACLのラウンド16を控えている2チームの試合は、公式戦3連勝中の好調川崎が0-3で快勝している。 前半19分、鹿島のCKを防いだ川崎のカウンターが発動。DF車屋紳太郎のパスで左サイドを切り裂いたMF長谷川竜也がシュートを放つと、GKに弾かれたボールに詰めていたのはMF阿部浩之。 阿部のリーグ3試合連続となるゴールで先制した川崎はさらに前半45分、DF谷口彰悟の縦パスをMF大島僚太がスルーして抜け出したのはFW小林悠。小林の上げた絶妙なクロスに合わせた阿部のゴールはGKの好セーブに阻まれるが、こぼれ球を長谷川がボレーで決めた。 なんとかホームで意地を見せたい鹿島はFW金崎夢生が準備するが、交代直前の後半16分にDF登里享平にダメ押しゴールを決められて3-0の完敗となった。 鹿島はこれでホームでのリーグ戦は2勝5敗と地の利を活かすことができず、苦しい状況が続いている。一方の川崎は暫定3位に浮上し、ACLムアントン・ユナイテッド戦へ大きな弾みをつけた。 ゴールシーンはこちら! 参照・画像出典:Twitter
  • 5/19 22:55
  • TOTAL11

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます