5年ぶりグラビア復帰の石原美優、Hカップに進化したダイナマイトボディに高まる期待

拡大画像を見る

 長らく休養していたグラビアアイドルの石原美優(25)が、5月30日に復帰作となる最新のイメージDVD『個人授業 プライベートレッスン』(グラヴィス)をリリースする。ダイナマイトボディのGカップグラドルとして人気だった彼女だが、さらに女っぷりを上げてグラビア界に舞い戻ってきたことで注目度が急上昇している。

 石原は17歳からグラビア活動を開始し、2011年に「ミスFLASH」のファイナリストに選出。惜しくも決勝で敗れたものの、身長152センチのミニマム体型にスリーサイズ上からB92・W55・H86のド迫力ボディというギャップを買われ、グランプリを受賞した鈴木ふみ奈(26)らとグラドルユニット「G☆Girls」を結成した。同時期にリリースしたイメージDVD『Virgin Limit』(グラッソ)はヒット作となり、期待の逸材としてネクストブレイク有力候補の呼び声もあった。

「業界内でも評価が高く、その勢いに乗って2012年には『ミス東スポ』の決勝に進出したのですが、なぜか突然の辞退。同年11月に自身のブログで休養を宣言し、それを同時にDVDリリースなどの活動はすべてストップ。『G☆Girls』からも脱退となり、瞬く間に「期待の新星」が表舞台から消え去ったことで多くの男性ファンが悲しむことになりました」(アイドルライター)

 それから約5年が経過し、ついに誰もが見惚れるダイナマイトボディがグラビア界に戻ってきたのだ。

 今作は石原がキレイなお姉さん風の家庭教師に扮し、個人授業を通して生徒と禁断の関係になりながらグラマラスボディを惜しげもなく披露。すでにサンプル映像が公開されており、生徒とのスキンシップで胸チラやパンチラが続発するという、男性なら誰もが夢見るシチュエーションが展開されている。

 さらに圧巻なのは衣装の過激さ。活動休止前から露出度が高かった石原だが、今作では攻めまくった限界ギリギリに挑戦。リゾートで撮影されたシーンでは、肌にぴたりと張り付いたスケスケのワンピース水着をまとっており、水着の刺繍で辛うじて胸と股間の大事な部分が隠れているだけという過激さ。ビキニやランジェリーも同様にスケスケ&ギリギリ露出となっており、上も下もポロリしないかとハラハラしてしまうほどだ。

 この過激度で期待が高まったこともあり、同作はDMM.comの日間アイドルランキングで1位を獲得。AmazonのアイドルDVDランキングでも急上昇しており、5年ぶりとなるリスタートの勢いが加速している。

 ただグラビア界に舞い戻ってきただけでなく、5年の間にダイナマイトボディがさらに進化。5年前に比べてバストがさらに豊満になったように見えるが、石原は自身のTwitterのプロフィール欄に「Hカップに進化しました!」と記述しており、胸の成長は間違いないようだ。20代半ばとなったことで大人の色気も身につけており、休養前よりも魅力が増しているといっても過言ではない。

 石原は復帰に際して「石原美優?そんなヤツいたっけ?思い出してください!石原です!グラビアやります。出戻りです」などとTwitterに自虐的に綴っているが、そんな本人の心配をよそに5年のブランクを経ても新作に予約が殺到している状況だ。ダイナマイトボディの逸材・石原美優の完全復活を期待しながら新作のリリースを楽しみに待ちたい。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

  • 5/19 18:30
  • メンズサイゾー

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます