阿佐ヶ谷駅高架下に新商業施設、7月末に開業へ

拡大画像を見る

ジェイアール東日本都市開発は5月19日、東京・阿佐ヶ谷駅の高架下に新たな商業施設「ビーンズ阿佐ヶ谷」をオープンすると発表した。開業は2017年7月末の予定。

「ビーンズ」は、同社が展開しているショッピングセンターのブランドで、阿佐ヶ谷は13店目。今回、阿佐ヶ谷では新規商業施設の開業と、現在の「阿佐ヶ谷ダイヤ街・新鮮館」リニューアル、そして「ディラ阿佐ヶ谷」を合わせて「ビーンズ阿佐ヶ谷」として名称を統一し生まれ変わる。

デザインは、「まちにつながるOPEN MALL」をコンセプトに、阿佐ヶ谷のシンボルである中杉通りから続く高架下を、路面店の中を歩くような開放感のある「オープンモール」として展開。また緑やオープンスペースなどを配置することにより、環境面で楽しさやワクワク感、安らぎなどを演出する。

ショップの詳細は今後、改めて発表となるが、鮮度や旬、手作り感など、素材にこだわったレストランやマルシェ、ゆったりくつろいだり趣味を通じた出会いや学びが得られるカフェやスクール、美と健康をサポートするショップなどが軒を連ねる予定だ。

なお、「ビーンズ阿佐ヶ谷」のオープンに合わせ、JREポイントのサービスも開始する。
  • 5/19 15:25
  • Narinari.com

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます