眞子様の御婚約「女性宮家を創設して皇族を増やそう」が間違っているわけ【憲政史家・倉山満】

拡大画像を見る

 眞子内親王殿下の御婚約が発表されました。

 めでたい限りです。お相手は、民間人の小室圭さんとのこと。

 眞子様は小室家に嫁入りし、皇籍を離脱なされます。惜しむ声も多いようです。

 とくに、「ただでさえ皇族の数が少ないのに、これ以上、減らしてどうするのか」との声もあります。また、陛下がご高齢で御公務が大変なのに、代わって御公務ができる皇族が減るのは問題なのではないか」との声もあります。ごもっとも。

 そこで、内親王がご結婚の際に皇籍を離脱しなければならない現行の皇室典範を改正し、女性宮家を創設すべきではないかとの意見もあります。

 これに関しては、結論はそんなに難しくないので、簡単に答えておきましょう。

 問一 女性宮家創設は是か非か。

 答一 是、です。絶対ダメではない程度の、消極的な是ですが。

 先例があるので構いません。

 江戸時代に桂宮を継承した淑子内親王(仁孝天皇の第三皇女)の一例だけではありますが。

 

 ちなみに淑子内親王はお子さんを残さず薨去されたので、桂宮家は断絶しました。これは佳例とは言えませんので、女性宮家は何が何でもやる話ではありません。

 どうしても必要ならば、絶対にダメとは言わない、程度の話です。

 問二 その場合、小室さんの御身分は?

 答二 准皇族が適切です。

 今はありませんが、昔は准三后という身分がありました。皇后・皇太后・太皇太后の三后に准じるという意味です。

 有名なところでは、人臣最初の摂政の藤原良房、『神皇正統記』の著者の北畠親房、室町幕府最後の将軍の足利義昭などが准三后でした。というふうに、民間人が准皇族となった先例はいくらもあります。だから、小室さんが准皇族となっても問題はありません。

 ただし、「准」であって、皇族にはなれません。皇族ではない単なる民間人が、皇族となった例は、歴史上一度もありません。皇室では許されないことです。「准」の一文字が付くのと付かないのでは、天地の違いなのです。

 なお、インターネットで検索すると「準皇族」の文字ばかりが並びますが、誤字です。野田佳彦内閣で女性宮家が議論されたとき、誤字が報道された影響でしょう。

 問三 小室さんが准皇族となられた場合、小室さんの敬称は?

 答三 殿下です。

 女性宮の配偶者なのですから、「殿下」です。江戸時代の先例では、桂宮淑子内親王の婚約者は皇族の方でしたから、当然、敬称は「殿下」でした。

 では民間人出身の小室さんは? 殿下で構いません。

 皇室の先例では、民間人を殿下と呼んで構いません。日本人なら誰でも知っている有名人の先例があります。

 単なる農民の子供の出身から殿下に成りあがった人物がいます。ここまで言えばわかるでしょう。豊臣秀吉です。晩年の秀吉は「太閤殿下」と呼ばれました。太閤とは元関白の意味です。天皇の代理人である摂政や関白の登った人は、殿下と呼ばれるならわしなのです。

 だから、内親王の配偶者の方を殿下とお呼びしても何の差支えもありません。

 

 問四 女性宮家を創設された場合、眞子様と小室さんの間に生まれたお子さんの身分は?

 答四 民間人です。皇族にはなれません。

 ここまで「先例」という言葉を繰り返してきました。皇室の歴史は、『古事記』『日本書紀』の神話にさかのぼります。初代天皇神武天皇の伝説にさかのぼれば、皇室は公称二千六百年の歴史を誇ります。なぜそれほど皇室は続いてきたのか。神話や伝説の時代から変わらぬ伝統を保持してきたからです。

 だから皇室では、先例が吉、新儀は不吉なのです。なぜ? と言われても、そういう世界だからとしか言いようがありません。

 そのもっとも重要な伝統は、歴代天皇はすべて父親をたどれば天皇に行きつきます。父親が天皇でなければ、その父親、さらに父親とたどりつけば必ず歴代天皇の誰かにたどりつく。これを男系と言いますが、歴代天皇はすべて男系です。天皇になる資格がある人を皇族と言いますが、二千六百年間、皇族全員が男系です。

 女性の皇族も、全員が男系です。つまり父親が天皇・皇族です。しかし、民間人と結婚された女性皇族が、その子供を皇族にした例は一度もありません。

 仮にですが、眞子様が女性宮家を創設され、小室さんとの間にお子様が生まれても、そのお子さんは皇族になれません。皇室の歴史では一度も許されてこなかったからです。絶対にやってはいけない新儀です。

 御公務軽減のために女性宮家創設という意見ならば、「どうしてもやりたいなら」という消極的賛成はしても構いません。しかし、「女性宮家を創設して皇族を増やそう」というならば許されません。

 皇族が減っていくままの今、皇位の安定継承は急務です。しかし、女性宮家の話は何の関係もありません。

 ちなみに勘違いしていそうな人がこちら。

民進・蓮舫代表「国民の一人としてお喜び申し上げる」 女性宮家の議論「期限切り結論出すべき」(産経ニュース2017.5.16より)

(以下引用)

蓮舫氏は、今後眞子さまが一般男性とのご結婚で皇籍を離脱する見通しを念頭に、「私たちは(天皇陛下の譲位に関する)議論のとりまとめで、女性宮家のあり方を早急に検討し、期限を切り結論を出すべきだと主張してきた」と述べた。


 くれぐれもご用心あれ。

【倉山満氏】

憲政史研究者。著者シリーズ累計35万部を突破したベストセラー『嘘だらけの日米近現代史』『嘘だらけの日中近現代史』『嘘だらけの日韓近現代史』『嘘だらけの日露近現代史』『嘘だらけの日英近現代史』『嘘だらけの日仏近現代史』のほか、待望の新刊『日本一やさしい天皇の講座』を6月2日に同時発売

関連リンク

  • 5/18 15:57
  • 日刊SPA!

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

25
  • トリトン

    5/20 8:35

    別天津さんおはよう、確かにフランスやロシアは国王を殺していますね中国はその国自体を民諸とも絶滅してます。お陰でフランスはイギリス憎しでアメリカを誕生させ、ロシアは侵略してますね。日本も天皇を殺した武将はいたけど天皇制は続いていますね。韓国なんか自分で選んでおいでろうそく一つで引き落とされるなんてお気軽なトップですねそれも全て悪事に手を染めている。仕方がないですね歴史に学ぶでなく歴史を知らないからね

  • 別天津神

    5/20 5:37

    トリトンさん、おはよーございます(^-^)/天皇皇后両陛下、皇太子皇太后両陛下のみですね。他の皇室の方々は殿下になります。天皇制が真に最良なのかはわかりません。ですが、天皇陛下を戴く我々国民は、数多くの滅びてきた『にせもの』ではなく、今も続く『ほんもの』の王室を戴いているのです。天皇陛下がいらっしゃることは、我々日本人の誇りなのです。

  • トリトン

    5/20 5:13

    そうでしたか、知らなかったです。天皇陛下とか聞くのでてっきりためになります。

記事の無断転載を禁じます