田中将大の炎上原因は「アドレナリン」!? 投手コーチが米紙に明かす

拡大画像を見る

14日(日本時間15日)本拠地アストロズ戦で2回途中8失点と大炎上してしまったヤンキース田中将大投手。それまで自身5連勝はしていたが、開幕以来不安定な登板内容も多く、ファンやメディアの間ではエース右腕の状態を懸念する声も多く聞かれる。

スタインブレナー・オーナーは「懸念しないとは言わないが…」

 14日(日本時間15日)本拠地アストロズ戦で2回途中8失点と大炎上してしまったヤンキース田中将大投手。それまで自身5連勝はしていたが、開幕以来不安定な登板内容も多く、ファンやメディアの間ではエース右腕の状態を懸念する声も多く聞かれる。そんな中、辛口で知られる地元紙「ニューヨーク・ポスト」電子版が「ヤンキース、問題はマサヒロ・タナカの悪循環と認める」と題した特集記事を掲載した。

 ヤンキース元主将、デレク・ジーター氏の永久欠番式典が行われた日の試合で、自己最短タイ1回2/3を投げて、同じく自己最多タイ4被弾を喫し、自己最多新記録となる8失点を喫した。記事では、この試合も含めた最近3試合での田中の成績を紹介。3戦を2勝1敗という成績ながら、合計15イニングを投げて25被安打、防御率は9.00と打ち込まれている。

 打線や若手投手陣が好調なチームは、現時点では勝ち星が先行しているが、頼りにしたいエースが不安定。これについて、17日(同18日)にニューヨークにあるMLB本部で開催されたオーナー会議に出席したヤンキースのオーナー、ハル・スタインブレナー氏は「ベテラン投手は時にスロースタート。シーズンを追うに従って状態が上がってくる」と話したそうだ。だが同時に「とは言っても、今までの登板を見て、懸念しないとは言わない。だが、彼もプロ。ベテランだ」と、気に掛けている様子だったという。

次回は20日レイズ戦「ミスから学んで、次に生かせるようにしたい」

 不安定な登板が続く右腕だが、特に前回登板のアストロズ戦の不調について、ロスチャイルド投手コーチは「アドレナリンが原因だったのでは」と語ったという。田中自身も取材に対して「ジーターの日」と呼ばれた前回登板を振り返り、「本当に特別な日だったし、好投しなければいけない日だった。その日に好投できなくて申し訳ないし、ガッカリしています」と通訳を介して話したそうだ。特別な日だ、と意気込んだあまり、アドレナリンが大量分泌されて気持ちが空回りする結果になってしまったのかもしれない。

 だが、それが原因であったとしても、投手コーチは「言い訳はなし」と厳然と言い切ったそうだ。「あの内容だったら、どんな日に投げてもガッカリするだろう」と手厳しく、「起きてしまったのだから、修正しないといけない」と、早速田中の左肩が早く開きすぎないよう、ブルペンでの投球練習で指導したという。

 17日(同18日)に遠征地で行われたブルペンでの投球練習では、上体を前に突っ込まないように、左肩の開きが早くならないようにするフォーム修正に努めたという田中。「これで終わりではないので、ミスから学んで、次に生かせるようにしたい」と通訳を介して意気込みを話したそうだ。

 次回登板は20日(同21日)敵地でのレイズ戦の予定。開幕戦の同カードでは3回を持たずに7失点と炎上したが、今回はしっかり抑えることができるのだろうか。田中の真価が問われる登板となりそうだ。

関連リンク

  • 5/18 12:24
  • フルカウント

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます