コーヒーが透明になった?世界初の「クリアな」コーヒーについて調べてみた

拡大画像を見る

まるで水のように透明なコーヒーが話題になっています。ちゃんとコーヒーの味がするのに見た目は水。どういう原理で透明なコーヒーが作れたのでしょうか?そもそもなぜコーヒーを透明にしようと思ったのか?いろいろ気になることがありすぎたので、ちょっと詳しく調べてみました。

透明なコーヒー、その名は「クリアコーヒー」

この、ボトルに入った透明な液体。名前を「CLEAR COFFEE(クリアコーヒー)」と言います。そう、コーヒーなんです。世界初の無色透明なコーヒーとして、今、世界中で話題になっています。100%アラビカ種のコーヒー豆で作られており、水出しコーヒーのようなスッキリとした味わいなのだとか。さらに、防腐剤や人工着色料、砂糖を含む甘味料など一切含まれておらず、カフェイン含有量は100mlにつき50mg。全日本コーヒー協会によれば、一般的なコーヒーに含まれるカフェインは100mlに60mg程度ということなので、「クリアコーヒー」は普通のコーヒーと何ら変わりないようです。

誰が、なぜ、「クリアコーヒー」を作ったのか?その経緯が知りたい!

作ったのは、スロバキア人のDavid & Adam Nagy(デヴィッド&アダム・ナギー)兄弟。彼らはとにかくコーヒーをたくさん飲む、ヘビーコーヒーユーザー。ナギー兄弟がThe Evening Standard(イブニングスタンダード紙)に語ったところによれば、

「僕らはとにかくたくさんコーヒーを飲むんだけど、そのコーヒーのせいで歯の着色汚れには悩んでいたんだ。ほかにもたくさんそういう人はいるよね。でもこの問題に対して決定的な打開策がない。だから自分たちで歯が汚れないコーヒーのレシピを作ろうと思ったんだ。とにかく忙しい毎日を送るのに欠かせないのがコーヒーだよね。だってコーヒーを飲めばしゃきっとする。だからローカロリーでリフレッシュできるコーヒーを作りたかったんだ。」

ちなみに、コーヒーによる歯の着色汚れの主な原因はコーヒーに含まれるポリフェノール。この着色汚れを防ぐにはコーヒーを飲んだらすぐうがいをするとか、だらだら飲みをしないとか、いろいろあるようですが、毎日たくさんコーヒーを飲みたいコーヒーフリークにとって、確かにいちいちうがいとかしてられませんよね。クリアコーヒーの制作にかかった期間はおよそ3ヵ月。物理学の方法を用いて作ったとのことですが、ケミカルなものは一切含まれていないそう。

日本からでも購入できる?

気になるお値段は、200ml入り2本で5.99ポンド(日本円で約840円※2017年4月現在)。5本入りで14.99ポンド(日本円で約2,100円※2017年4月現在)と、思ったよりリーズナブル!なのですが、残念ながら現在、海外発送はアメリカとイギリスのみで日本への配送は受け付けていないようです。配送が可能になった暁には、ぜひともチェックして、またご報告したいと思います!

▼参考資料

全日本コーヒー協会
http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/library/caffeine

くちラボ
http://kuchi-lab.com/get-rid-of-coffee-stains-2951

関連リンク

  • 4/21 20:00
  • rooVeR

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます