超有名ロックバンドA周辺で不審死!? マスコミが封印した“最大のタブー”が黒すぎる!

拡大画像を見る

 カリスマロックバンドAに“黒い闇”が広がっている。Aは90年代初めに結成された4人組バンド。当初はビジュアル系を全面に押し出していたが、ロック色を強めた同年代後半に人気に火が付き、ミリオンヒットを連発するまでになった。

「現在はメンバーのソロ活動が中心で、4人が揃うのは周年ライブくらいですね。メンバーはみんな端整なルックスだし、キャッチーな曲も多いので、今でもチケットや物販の売り上げはすごいです。メンバー1人あたり、1日コンサートすると1億円のギャラと言われているんですよ」(音楽関係者)

 ならば、もっとバンド活動に専念すべきでは……と考えるのが普通だが、それはもうできないという。ビジネスだけでは割り切れないほど、メンバー間の確執が深刻だからだ。前出の関係者が続ける。

「きっかけは2011年に予定していたライブでした。準備をしている時、ちょうど東日本大震災が起きたんです。そこで『ライブの収益金の一部を義援金として寄付したらどうか』と関係者から提案がありました。すると、ボーカルBとベースCが大喧嘩になったんです」

 Bは「むしろ寄付すべきだ」と乗り気だったという。ところが、ベースのCが「そういうのは大々的に打ち出すべきではないだろ」「やりたければ勝手にやれよ。オレは絶対イヤだから」と真っ向反論。次第に険悪な空気になり、他のメンバーも加わって激しい口論に発展してしまった。

「それ以来、BとCの関係は決裂。他のメンバー間にもヒビが入り、もはやバンド活動を続行できなくなりました。何億円も稼げる宝の山がパアです。それでも仕事がいろいろ入るため、打ち合わせもしなくてはならないのですが、そもそも4人揃うことが難しい。結局、個々にスタッフが説明するという最悪の状況なんですよ」(同関係者)

 そんな事実上、崩壊状態のA。ところが問題は、それだけにとどまらなかった。実はA周囲では、封印された不可解な出来事が発生していた。あるスタッフが、謎の死を遂げたのである。事情を知る芸能プロ関係者が重い口を開く。

「あれは例のケンカがあった後のことでした。海外でも一定の人気があるAは、とあるリゾート地でファン向けのライブを行ったんですよ。非常に気候がよかったので、ある意味バカンス的なノリもあったのでしょう。広いコンドミニアムを借りきって宿泊していたんです。すると、ある日の朝、スタッフの1人が2階から転落して死亡しているのが発見されたんです」

 これに現場は騒然となったという。

「地元の警察がやってきて、現場検証も行われました。ところが、自殺なのか事故なのか事件性があるのか、結局わからずじまい。目撃者もいません。前日は元気だったし、遺書も残されておらず、自殺する理由がないんですよね。それに、誤って転落することも考えにくい。だとすると……。ただ、ライブが中止になったら損害も大きいので、この出来事はマスコミにも明かされず、徹底したかん口令が敷かれました」(同関係者)

 その後、Aは何事もなかったかのようにライブを行ったという。そして、このスタッフの謎の死は、A最大のタブーになってしまった。捜査関係者は次のように語る。

「因果関係はわかりませんが、もし事件性があるとすると、メンバーの喧嘩に何らかの原因があるのかもしれません。これによってバンド活動ができなくなり、大きな収益が見込めなくなって困る人がいるとか。死亡したスタッフの役割などがわかれば、もっと真相に迫ることができる可能性はありますね」

 かん口令が敷かれているため、このスタッフの素性はよくわかっていない。今でも思い出したようにライブを行っているAだが、真相が明らかになる日は来るのだろうか。


※イメージ画像:「Thinkstock」より

  • 4/17 9:00
  • TOCANA

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

16
  • 水竜月華

    4/19 12:05

    海外俳優のバンドでAというバンドがあったような。伏せてるだけか。

  • マスゴミが封印する訳ねーべ

  • 超有名ロックバンド…と言いながら、実は「熱狂的なファンだけが知り/ほとんどの人には知られていない」バンドだったりすること多いからな、スキャンダル記事と女性芸能人のヌードグラビアの見出しは(笑)。

記事の無断転載を禁じます