出版業界は「乃木坂46旋風」メンバー写真集累計55万部突破

拡大画像を見る

2017年に入ってから発売された乃木坂46メンバーの写真集の発行部数が、累計で55万部を突破した。

乃木坂46は齋藤飛鳥の写真集「潮騒」(1/25発売 幻冬舎)を皮切りに、白石麻衣「パスポート」(2/7発売 講談社)、橋本奈々未「2017」(2/20発売 小学館)、秋元真夏「真夏の気圧配置」(2/28 発売 徳間書店)、桜井玲香「自由ということ」(3/8発売 光文社)と、約6週間の間に、5冊の写真集を発売。全メンバーの写真集が、オリコン写真集部門で初登場1位を獲得するという快挙を成し遂げた。

さらに、全メンバーの写真集がそれぞれ重版になるなどロングヒットを記録。1万部いけばヒットと言われる写真集業界の中で、合計発行部数が55万部を突破し、「乃木坂現象」と言われるほどの異例の大ヒットとなっている。

自身も写真集を発売したキャプテンの桜井玲香は、会見で「メンバーが全員がソロ写真集を発売できるようになりたい」と語っていたが、それも夢物語ではないかもしれない。

また、乃木坂46は3月22日には17枚目となるシングル『インフルエンサー』が発売となる。人気メンバーだった橋本奈々未が抜けてから初となるシングルだが、関係者によると、橋本の卒業シングルでグループ初のミリオンを達成した『サヨナラの意味』を上回る勢いでCDの予約が殺到しているという。出版業界に吹いた「乃木坂現象」は、音楽業界でも、その吹く風は止まらないようだ。

関連リンク

  • 3/21 13:08
  • dwango.jp news

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます